日曜22時
日本テレビ

シザーハンズ+妖怪人間ベム+泣くなはらちゃん÷3なドラマ。

柄本明がいつか細胞を改変して、妖怪人間を生み出してしまうのではないかとヒヤヒヤする。

綾野剛の見事としか言いようがない逆三角形に驚いたと同時に、あざといのに可愛くてついキュンとしてしまう。

音楽は、まんまベム。

主題歌があまりにドラマとリンクしているから、書き下ろしかと思ったら、以前からあった楽曲と知ってこれまたびっくりだし、癖になる。

光石研が「研という字はケンの中でも最弱」みたいなセリフ言ってて面白かった。

二階堂ふみはちょっと苦手だけど、他キャストはみんな好きな人たちなので、なんとか見れそうです。

柳楽優弥は最近、普通の人の役が多い気がするけど、やっぱうまいんだよなぁ。

キノコがちょっと気持ち悪いシーンとかもあるけど、綾野剛からキノコが生えるシーンはとりあえず綾野剛の顔か肉体美に集中して、お布団に大量のキノコが生えるみたいなシーンでは、頑張って目を背けようと思います。

ラジオの「天草に~♩聞け↗︎♩」は、あたりまえ体操のオチにしか聞こえない。笑

最初に書いたように、シザーハンズ+ベム+はらちゃんなので、ストーリーは大体想像がつくけど、基本的に面白いので最後まで見ます。


スポンサーサイト