金曜22時
TBS

大好きな湊かなえ作品。

大好きな「Nのために」チーム制作。

うん。初回から引き込まれました。

もう、湊かなえっていうだけで脳が勝手に面白い認定してしまうので、完全に贔屓目ではありますが。笑

大学の同期の役で、藤原竜也、市川隼人、三浦貴大、小池徹平、玉森裕太という面々が揃ってるんですが……

え…この面子に玉森くんって、完全に浮いてるじゃないか…

と、見る前は思ってたけど、初回を見る限り、まぁやっぱり若いは若いんだけど、そんなに浮いてるでもなく、意外とうまいこと溶け込んでいる。

そして、一時痩せすぎて心配だった戸田恵梨香も、普通に可愛い。流星の絆の時が一番可愛かったなぁ。(流星の絆、大好きなんです)

藤原竜也と戸田恵梨香といえば、デスノートコンビ。私は地上波でやってたら見る程度だけど、デスノートファンは歓喜しているのではないでしょうか。

私はそれよりも、劇中、10年前と今とを行ったり来たりするんですが、10年前のシーンで絢香×コブクロのWINDING ROADが流れて、あれがもう10年前ということがあまりにも衝撃的で、「うわ…まじか…」と、笑うしかありませんでした。

藤原竜也も、最近は叫ぶ系のクズ役ばっかりだったし、すっかり蜷川色に染まって普通の役の演じ方を忘れていると思っていました。

この役も叫ぶシーンはあるものの、基本的にダサくて冴えない、挙動不審でコミュ障気味、優しくて真面目な青年なので、不安がありました。

でも、デビュー当時みたいな優しい雰囲気もあるし、ド下手くそなサッカーの蹴り方もうまいし、彼女が出来て浮かれポンチな様子はキモ可愛かった。

なんだかんだ、うまいと思う。

そして、武田鉄矢のクセのある役は、白夜行を思い出した。(白夜行も大好きなんです)

Nのためにの時は、しばらくNロスに陥りました。

そのくらいハマるかどうかはわかりませんが、最後まで見ることは確かです。

スポンサーサイト