日曜21時
TBS

だいぶ初回評溜めてますが、書ける時に1つ1つ書いていきます。

警視庁vs所轄という、警察内部の対立物は、私の大好物です。

が、暑苦しい系です。

また、半沢チームです。

ねちっこくて、必要以上に過剰な演出と、無駄に力の入った演技。

でも、見ちゃう。笑

いろんなドラマや映画を思い出してしまいました。

踊る大捜索線、シンゴジラ、半沢直樹・・・

超個人的ですが、背が高くてスタイルのいい人が着るスーツ萌え。つまり長谷川博己と岡田将生なんですが。

ヤスケンのやさぐれ刑事は前にも何かで見たけど、本当にハマり役だなぁ。やさぐれ、変態、ヲタクが本当に似合う。(褒めてます)

香川照之がますます歌舞伎っぽく、大げさに、コントっぽくなってきて、完全にネタとして見てしまう自分がいます。

ツッコミどころは満載だけど、それはまぁ、もともと大げさなドラマなので目を瞑れます。

朝ドラ明けの芳根京子ちゃんと、香坂(長谷川博己)の奥さん(市川実日子)が「私は、あなたが(昇進しようがしまいが)嬉しいならいいのよ」という素敵な奥さんなのが癒される。

敵は味方のふりをする。

昔見たドラマか映画か漫画か何か忘れたけど、敵を欺くためには、まず味方からというセリフを思い出した。

ということは、現時点で敵である香川照之は実は味方で、現時点で味方である春風亭昇太や駿河太郎はおそらく敵なのだろう。と、私は思ってます。

なんだかんだ、楽しみです。


スポンサーサイト