水曜22時
日本テレビ

予告もほとんど見ず、番宣にも遭遇せず、HPもチェックせず、本当にタイトルしかわからない状況で初回を見ました。

ほのぼの系かと思いきや、八日目の蝉的な、胸がギューってなるドラマでした。

思い返せば、この水10枠、時々重いんだった。

アイシテルとか、motherとか、womanとか、14才の母とか、明日ママがいない、とか。

初回からいきなり3歳の息子が行方不明になって、さらわれて、母親願望が強い全くの他人の女性に育てられ、やがて13歳に成長した息子は児童養護施設に居た。

私、一番仲のいい友達が二児の母で、その子たちを本当の甥っ子姪っ子のように思っていて、とても愛おしい存在であると同時に、友達を見ていて本当に母親って大変だし凄いなって、世の中のお母さん全員を尊敬してやまないので、こういうドラマだとつい母親に感情移入してしまって、初回から号泣でした。

でも、劇中で10年も経っているのに、沢尻エリカがピッチピチのままで、髪型で工夫するでもなく、がっかり。

3歳の広くん役の子が下手だとかいうコメントもちらほら見ましたが、みんな3歳に何を求めてるの?笑

芦田愛菜をはじめ、あの世代がうますぎただけで、しかも彼らが出始めたのは5歳や6歳。実際、3歳の喋り方ってあんな感じですよ。変に感情たっぷりに喋られてもこっちが困惑しますよ。

まぁ、子役に難癖つける人は、誰にでも何にでも難癖をつけるのでしょう。

だがしかし。

3歳に難癖はつけられないけど、13歳なら難癖つけてもいいですよね?13歳の広くん役は近年稀に見るひどさ。何か闇を抱えていて、わざとああいう無感情で機械的な、いわゆる棒演技ならいいんですが、そういの一切なしでアレなら本当ひどい。

一応最後まで見るつもりではいるけど、あの子にイライラしてしまうので、もしかしたら耐えかねて脱落する可能性があります。

内容の話に戻りますが、たぶん、今後は八日目の蝉的な感じで、生みの親vs育ての親という構図になるんだと思います。

小池栄子がどう出るか、楽しみではあるけど、やっぱりどう考えても辛い展開なので、上記イライラの他にも、辛すぎて脱落の可能性もあります。



スポンサーサイト