金曜日は豊作。

金曜22時
NHK総合

この時間は金曜ロードショーがあったり、ダウンタウンなうがあったり、忙しいので、録画で見てます。

今クール一番怖いドラマ。

ホラー系の怖さではなく、人間の内面系の怖さ。

始まる前、柳楽くんが母も娘も手玉にとるドラマなのかなと思ってたけど、柳楽くんが(今の所)いい人で安心しました。

とにかく母親が娘依存すぎてストーカー化していて、娘が自分の思い通りにならないと邪魔をしてくる。

しかもその自覚が無いのでさらに厄介。

もう依存というか病気です。

娘もそれに気付きつつも、ずっとそうやって母親の(いわば)言いなりで生きてきたので、ちょっと冷静さを見失うと母親依存になってしまう。

そしてこちらも自覚なし。

親離れ子離れってよく言うけど、そういう次元の話ではありません。

私は割と放任で、つかず離れずのいい距離感で生きてきたので、こういう親子関係は理解できないけど、きっと今の日本にはいるんだろうな。

10円ハゲがあって明らかに母親へのストレスなのに、「ストレスなんてないのに10円ハゲがあるの」と天然で言い放ってしまう…母親へのストレスに気付いていない娘も怖い。

生まれた時からだから、気付かないのも仕方ないんだけど。

父親も、母親の異常なまでの娘愛に気付いていながらも、それを放置してて、阻止できなかった罪はある。

今まで逃げ道が無かった分、この娘には、柳楽くんにたくさん甘えて、わがままになってほしいと思います。

母親も母親で、そのまた母親に認めてもらえなかった闇はあるので可哀想なんですけどね。

誰が正しくて、何が正しいか。

たぶん、こういうデリケートで深い闇に対しては、答えなんてないんだと思います。

脚本の井上由美子がどう落としていくのか。

ハッピーエンドを望むばかりです。

スポンサーサイト