書き溜めてはいたので、どんどん更新します!

次は東京タラレバ娘。

水曜22時
日テレ

まず、何年か前の月9「私が恋愛できない理由」といろいろかぶってるのはなぜなのか。

女子3人組の恋愛の話。そして主要3人のキャストのうち、吉高由里子と大島優子が同キャスト。そして吉高由里子が物書きの仕事。

田中圭も出てたし、平岡くんも出てた。

なぜなのか。

そして、リアル33歳としては、説得力がないドラマ。

原作は未読ですが、前に友達が勧めてくれたのがきぅかけで設定だけは知ってました。

原作の設定が33歳というのを知っているが故の、このドラマの30歳が言うことの説得力激減ぶり。

セリフにはものすごく説得力があって、グッサグサ刺さるんです。それはもうものすごく痛い程に。

が、演じている3人が実年齢28歳で若くて肌もきれいで可愛くてピチピチしている。

ましてや榮倉奈々ちゃんなんて、新婚の幸せ感を隠しきれていない・・・

(榮倉奈々ちゃんは好きです)

30歳設定の彼女らが、25歳設定の坂口健太郎に「若くてイケメンのあんたにはわかんないでしょうよ」的なことを毎回言うんだけど、あんたら大して変わんないでしょうよ!って、いつも思ってしまう・・・

だから、リアル33歳の独身女としては、はっきり言ってリアリティは無いです。

俳優さんは1人残らず好きな人たちなんだけど、ドラマとしてキャスティングミス感が否めないし、なぜ原作の33歳設定から30歳設定に変えてしまったのか・・・

原作と同じセリフを言わせるのならば、年齢設定を若くしてしまったら、絶対にリアリティは薄れるのに。

うるさいようですが、33歳と30歳じゃ全然違いますから!

とりあえず、自分より若い子が「崖っぷち」と言っていることに僻んでいるだけですのでご容赦ください。笑

ドラマとしてもツッコミどころ満載で、どこから突っ込んでいいのやら・・・という感じですが、とりあえず倫子とKEYが偶然出会いすぎ。そして倫子、お金無いはずなのに散財しすぎ。

そして、KEYが倫子に悪態つきながらも意識してるのがわかりやすすぎ。3話くらいでKEYが倫子にキスした時、どう考えてもあれは好きな人にする優しいキスだったし・・・

まぁでもなんだかんだで面白いから、毎週楽しみにはしてます。笑

原作が完結したら一気読みしようと思います。







スポンサーサイト