2003年、フジテレビ月曜21時枠で放送されていたドラマです。

様々な経歴を持つ司法修習生たちの成長を描いたドラマでした。

当時、現役の法学部生だった私は、毎週楽しみに見ていました。

DVDは発売されてはいるものの、どういうわけかレンタルはされておらず、再放送も全然されず、時々、無性に見たくなっては諦めて…を繰り返していました。

それがこの度、CSの日本映画専門チャンネルで放送されたのです!

全話見れたわけではないけど、やっぱり面白い。

毎話、授業で出された課題や、自分たちが巻き込まれた問題について議論をし、結論を出す。

法の下の平等。とは言うけれど、裁くのは人間であり、とても難しい。

アホヤンズと呼ばれた8人が、最後にはちゃんと全員成長していて、それぞれの道へ進みます。

また何か勉強してみたいなぁ、とも思えるドラマ。

そして当時はなんとも思わなかったけど、音楽が素敵。

私が大好きなDr.コトー診療所の音楽と凄く似ていると思って調べてみたら、やっぱり同じ人でした。

どうしてレンタルも再放送もしてくれないのかなぁ。

再放送してくれたら、絶対全話録画して保存版にするのに…(買うまでには至らないのです笑)

弁護士や検察官などを題材にした作品は数多くあれど、司法修習生を題材にした作品は、少なくとも私の知る中ではこの作品のみです。

アホヤンズの年齢や経歴がバランスよく、また、作品自体の雰囲気も、重くなりすぎず、軽くもなりすぎず、凄く見やすい。

重くなりそうな場面でも、軽快だったり優しい音楽がそれを阻止しているので、見やすい。

アホヤンズの女性陣が素晴らしく美しいし、それに対して男性陣の個性豊かさ。

ベッタベタな恋愛もなく、ラブパートもさらっとしていて、あくまで議論がメインというのが、このドラマの良さでもあったように思います。

そして、脚色している部分や実際の司法修習生との違いはもちろんあるけど、司法修習生のリアルの一端を知ることが出来て、私はワクワクしました。

アホヤンズは今でも全員揃えようと思えば揃えられるメンバーだから、スペシャルとかで続編やってくれないかなぁ。

ミムラ
松雪泰子
奥菜恵
横山めぐみ
オダギリジョー
堤真一
北村総一朗
我修院達也

うん、誰も引退してないし、問題も起こしてないから集まれるはず!

フジテレビさん、よろしくお願いします!!!


スポンサーサイト