水曜22時
日テレ

以下引用
戦力不足のテーコー不動産に異動してきたのは、やり手営業マンであり、究極のクールビュー・三軒家万智(北川景子)。
社員が今まで時間をかけても契約までこぎつけなかった物件を次々に売りさばいていく。
さらに後輩に対してはパワハラまがいの指示を出して問題に。
物件の看板でサンドイッチになって街中に立たせたり、アポを取るまで椅子にしばりつけたり……と容赦がない。
彼女の冷たさの裏には何があるのか――。
(女子SPA!記事より)



北川景子が好きなんです。

演技が下手だろうが何だろうが好きなんです。

笑顔のない役が続いていますが、これは目を見開いて「私に売れない家はありません!」と

豪語し、本当に無理難題を言われても家を売るという謎の女。

探偵の探偵の時はちょっと辛い役柄だったけど、こっちはコメディなので、安心して見ていられます。

機械的な人物なので、ハケンの品格を思い出します。

初回を見ながら思ったのは、今まで不動産屋さんを題材にしたドラマってありそうでなかったなぁということ。

偶然、最近家探しをしていたので、個人的にタイムリーというのもあります。

(自分の家ではなく親戚の家を探していました。無事に契約も済みました)

まぁあとは仲村トオルと千葉雄大が目の保養。笑

ドラマとして面白いかと言えば今のところ「うーん・・・」という感じだけど、

主人公の生い立ちに何かありそうな感じなので今後の展開次第かな。

ただ、何度も書きますが北川景子が好きなので最後まで見ます。





 【家売るオンナ 公式サイト】 



スポンサーサイト