早いもので、今年も半分が終わろうとしています。

というわけで、4月クールのドラマが最終回を迎えました。

最終評です。





【日曜日】
■99.9
★★★☆☆
小ネタがしつこかったし、トリックも雑だった。
深山が平気で人を見下して蔑むので好きになれなかった。
榮倉奈々の可愛さにヤられた。
なんだかんだで続編があったら見ます。笑

■OUR HOUSE
★★☆☆☆
脚本崩壊。
野島伸司が変態なのは昔からだけど、今回は特に変態すぎて、時代錯誤も甚だしかったし、ちょっとついていけなかった。
それでもラストはどうにかなるだろうという少しの希望を持って見続けたが、ラストが一番気持ち悪かった。

■ゆとりですがなにか
★★★☆☆
まりぶがズバ抜けて良い。
クズだけど義理堅くて正論吐くところが好き。
というか柳楽優弥が好きなので贔屓目入ってます。
山岸のキャラが凄かった。太賀くん、今後注目です。
最後まで女性陣が好きになれなかったし、あかねに関しては最後なぜ被害者ヅラしてるのか・・・
クドカンの描く女性像はどこか理解に苦しむところがある。

【月曜日】
なし

【火曜日】
■重版出来
★★★☆☆
可もなく不可もなく。
ただ、永山絢斗の演技が群を抜いていた。
次いで滝藤賢一。
この2人見たさに見ていたような感じ。
あのような職場で働きたいなーと羨ましく思いながら見ていた。

■僕のヤバイ妻
★★★☆☆
ミステリーとしては粗だらけでしょーもなかったけど、とにかく木村佳乃の怪演と、伊藤英明のバカすぎる夫が面白かった。
あとは高橋一生の謎めいた雰囲気には相変わらず引き込まれるし、まさかのラストは偽装夫婦の愛にキュンとした。

【水曜日】
■毒島ゆり子のせきらら日記
★★☆☆☆
ゆり子が政治記者として何も勉強してないから何も成長しなくてイライラ。
恋愛面でのクズっぷりは、前田敦子にピッタリだった。(演技はもっと勉強しようね)
ゆり子も小津さんも最後までクズだったのは良かった。

【木曜日】
■グッドパートナー
★★★☆☆
ストーリーはありがちだし、事務所の雰囲気も某ドラマに似ているということでやや話題になっていたけど、普通に面白かった。
家政婦のグエンさん好きだなぁ。
松雪泰子は好きなんだけど、なぜあんなにも声が小さく滑舌が悪いのか。

■早子先生、結婚するって本当ですか?
★★★★☆
本当にこれは自分を見ているようで胸に突き刺さるものがあった。
最終回は、日本のドラマの悪い癖で凄い駆け足だったし、なんとなくフワフワした感じではあったけど、三田さんとうまくいってほしいと心から願っていたので良かった。
早子と三田さんの2人の不器用なシーン(メールのやりとり含め)凄く好きだなぁ。
貫地谷しほりの可愛さが神がかっていた。
「本当に好きな人は、出かけたりしたくても、茶の間でお茶飲みながらおしゃべりして、それでも楽しい人だよ。2人でババ抜きしても笑いあえる人だよ」という言葉はその通りだなと思った。

【金曜日】
■私、結婚できないんじゃなくて、しないんです
★★★★☆
みやびがフラフラしすぎて途中若干イラついたけど、私が望んでいた「できないんじゃなくてしないんです」ラストになったのでホッとした。
が、ラストシーンには納得がいかない。
最終回はエレベーターシーンがピークだった。あのシーンで何かしら進展があるべきだった。
藤木直人は演技はうまくはないが、表情はうまい。あの切ない目はキュンとする。
「結婚は頑張ってするものじゃない」「結婚はゴールじゃない。死ぬ時に、ああいうこともあった、こういうこともあった、一緒にいてよかったって言うために頑張る」というのはなるほどなーと思った。
夏木マリ演じるみやびママが可愛かった。

■不機嫌な果実
★★★☆☆
完全にコメディとして楽しませてもらいました。
最後、麻也子は「つくづく私は男運が悪い」みたいなこと言ってたけど、それは違うぞ麻也子。
因果応報ってやつ。

【土曜日】
■トットてれび
★★★★☆
中間評で書き忘れましたが、初回から全部見てました。面白かった。
おそらく、今の日本で黒柳徹子役をやれるのは満島ひかりしか居ないでしょう。
そして脇のキャストもみんな良かった。特にミムラの向田邦子は雰囲気が凄く出ていて、微笑ましかった。
知らなかった黒柳徹子の交友関係とか、当時の放送業界のこととかが垣間見れて嬉しかったし、いい時代だったんだなぁとしみじみするドラマだった。
ラストの大団円では全員集合していて、涙している自分がいた。




というわけで、久しぶりのドラマ評でした!

ではまた!


スポンサーサイト