土曜22時
NHK

以下引用
老化した心臓を若返らせる「夢の治療法」で医学史に名を残そうと野望を抱く心臓外科医・香村(かむら)(椎名桔平)。「医者は三人殺して一人前になる」という哲学を持ち、研究の実用化のためなら手段を選ばない冷徹なエリートだ。だがその療法には香村もまだ気付いていない副作用が潜んでいた。心機能が劇的に回復したのち、心臓が破裂して突然死を起こすのだ。この副作用で老人たちが「寝付かず苦しまずに死ねる」ことに目をつけ、「超高齢化社会の究極の解決」を目指そうとする官僚がいた。「国民生活省のマキャベリ」と呼ばれる稀代の策士・佐久間(滝藤賢一)。「来るべき超高齢化社会を前に無為無策でいたら、この国は滅びます。日本では、延命治療の是非も問わずに医療が無軌道に進歩し、寝たきり老人が多い。いかに多くの老人がぽっくり逝きたいと願っているか知っていますか?」――佐久間は香村に巧妙に近づき、「夢の治療法」を乗っ取ろうと陰謀をめぐらす。その療法の被験者第一号となるのは、心不全で引退状態にあった国民的名優・倉木(仲代達矢)。実は香村は倉木の隠し子。幼い頃、母親と自分を捨てた倉木を恨んで生きてきた。およそ四十年ぶりに再会した二人は激しく衝突するが、死ぬ前にもう一本だけ映画を撮りたいという倉木の執念から、初めての治験を行うことになる。だが、後になって恐るべき副作用が明らかに……。体内に時限爆弾を抱えた倉木。果たして香村は倉木を救えるのか。佐久間の陰謀から研究を取り戻せるのか。そして人は、人生の最期に何を望み、何を見出すのか――?
(公式サイトより)





仲代達矢の圧倒的な存在感。

曲者をやらせたら天下一品の滝藤賢一の怪演。

元曲者(笑)、佐野史郎。

そして、足の悪い障がい者の息子に綺麗事を言わず、現実をとつとつと教える香村役の椎名桔平。

こういう、オッサンばっかりの陰謀ドラマ、好きです。

医者は本来手を加えてはいけない聖域に手を加えている、命(自然の摂理)に逆らっていることになる、と現役のお医者さんが言っていましたが、まさにこの劇中では「心臓を若返らせる」という、命に逆らう行為をしています。

現実でこういうことがあったら私は大反対ですが、ドラマなので、楽しく見ています。笑

ものすごくNHKっぽいドラマです。いい意味で。これを民放でやったら、きっと狙いすぎて見てるのがしんどいドラマになっていたかも。

今クールはあまり私的にイマイチっぽい中で、これは毎週楽しみなドラマになりそうです。








 【破裂 公式サイト】 


スポンサーサイト