火曜22時
NHK

以下引用
 タイトルの「デザイナーベイビー」とは、受精卵に遺伝子操作などを行うことによって、親が望む外見や体力・知力等をもつよう人工的に作られた(デザインされた)子どもの総称。
 物語は、ある日、新生児室から生後間もない赤ちゃんが連れ去られてしまうことから始まる。父親はノーベル賞候補の物理工学博士、母親は元陸上選手という著名な夫婦の子。赤ちゃんは、3時間おきに水分を与えられなければ、命の保障はない。なぜ、連れ去られたのか? 犯人の目的は何か? 身代金目的とみえた誘拐事件は、捜査の進展とともに様相を変え、驚くべき真実に突き当たる。
 捜査に当たるのは、頭は切れるが、体は重い、ユーモラスな妊婦刑事・速水悠里。原作にはないオリジナルキャラクターで、妊娠や子育てに悩む、女性たちが置かれているさまざまな現実にも向き合う役どころ。
(オリコンニュース記事より)


キャストが私的にとっても魅力的。

主演の黒木メイサをはじめ、渡辺大知、手塚とおる、神保悟志、渡部篤郎、渡辺いっけい、臼田あさ美、などなど・・・

デザイナーベイビーという言葉は知らなかったので、このドラマで初めて知りましたが、今後、新生児誘拐事件からデザイナーベイビーに関わるストーリーに、どのように発展していくのか、楽しみです。

何かのコメント欄を見てなるほどーと思ったのは、他のドラマや映画だと、女刑事を軽視するような描写が多いけど、このドラマは主人公の刑事を、周りの男刑事たちが普通に頼りにしている、つまり、実力をきちんと認めている、というのがいい。

主人公の刑事が妊婦である必要性が今後出てくると思いますが、それもどう関わってくるのか、それも楽しみです。

エンディングの清水翔太の歌もスーッと染み込むように入ってきていい。

いい意味でNHKらしいドラマだと思います。



 【デザイナーベイビー 公式サイト】 


スポンサーサイト