金曜深夜0時52分
テレビ東京

以下引用
世界各地に点在する廃墟の多くは、遺産として保存されることもなく、やがて取り壊されていく――。
テレビ東京の7月クール金曜深夜(0時52分~1時23分)は、そんな壮大で美しい廃墟を舞台に、俳優とそのクリエイター仲間が旅する様子をお届けします。この番組は、廃墟を訪れる俳優らの素顔が見られる<ドキュメンタリー>と、彼らが道中や廃墟で繰り広げる<エチュード(即興芝居)>という2つの要素から成る、ロードムービー的ドキュメンタリー×ドラマ。今話題のドローンも活用し、4Kカメラで臨場感溢れる映像を撮影しています。国内外の神秘的な廃墟と、実力派俳優らのエチュード、そしてドキュメンタリーで垣間見られる彼らの表情……週末の深夜に新しいジャンルのロードムービーをお届けします!
(公式サイトより)



というわけで、ドラマではないんですが、新番組ということで、ものすごくテレ東らしい番組が始まりました。

廃墟の休日。

このタイトルだけでそそられます。

特に廃墟好きなわけではなくても、この番組は面白い。

とにかく映像が美しいのと、その廃墟についての切ない情報だけで見応えじゅうぶん。

初回から3回まではヤスケンということで、ヤスケンの素顔的な部分も垣間みえたりします。

その場所と、そこに生きていた人たちへ思いを馳せることのできる番組。

そして、その場所へ行きたくなります。

おそらくテレ東にしか作れない番組だと思います。

かつて人が生きていたその廃墟が、どのような経緯で廃墟になったのか、また、かつてどのような人々がそこで生きていたのか。

そういう歴史も垣間見ることが出来ます。

廃墟好きじゃなくても、見る価値おおいに有りです。






 【廃墟の休日 公式サイト】 


スポンサーサイト