昨日、ドラマが放送されましたね~。

私は、自慢じゃないけど(ほんとは自慢だけど)この本が売れに売れてることを知らずに、年明けぐらいだったかな?本屋さんでパッと目に止まり、何故かものすごく惹かれ、買いました。

一気に読みました。

超ムカつくガネーシャという名の神様は、実はすごくキュートで憎めない、可愛らしいオッサンで…(笑)

ラストシーンはドラマではそんなに感動しなかったけど、本を読んでいただければ号泣間違いなし!

本で一番好きなシーンは、ガネーシャと釈迦の、遊園地での迫真の演技シーン。めっちゃ笑えます。超オススメ。連ドラでこのシーンを入れてくれることを切望します(笑)

古田新太さん、ナイスキャスティング♪少しだけ、木更津キャッツアイのオジィーを思い出しました。あれも面白い役だったなぁ。

ガネーシャの教えの中で実践できそうorやっていることは…箇条書きにしようと思ったけど、ほぼ全部が本当に簡単に出来てしまうことだからやめました。

しかし著者の水野敬也さんて、まだ32歳。多分これ書いてた時は30歳。すごいっす。

私も何か、ビッグにならなくていいから、小さくていいから面白いことやりたいなぁ。うん、「やらずに後悔していることを今日から始める」。私の場合、音楽だ♪





何年かかっても

夢をかなえるゾウ☆


スポンサーサイト