ドラマ評 番外編です。

6/23のフジテレビSPドラマでした。

以下引用
日本を代表する女優たちが、今とは違う人生を歩んでいればどうなっていた?
女優たちが“パラレルワールドの世界で生きる自分を女優本人が演じるというオリジナリティ溢れるバカリズムの脚本を、新しいアイディアが満載の撮影手法で表現。
(公式サイトより)




全然事前情報を知らないまま、3人が好きということと、設定が面白いということで見ましたが、録画を消せないほどおもしろかった。笑

バカリズムは、「素敵な選TAXI」がイマイチで脱落したので、どーかなーと、見るまでは思ってました。

が、これはおもしろい。

また見事に3人の女優さんが楽しんで演じていて、3人ともがコメディエンヌぶりを大いに発揮していて、久しぶりにドラマ(いや、テレビ自体)でこんなに笑いました。

特に水川あさみの毒っぷりが素晴らしくて、本当に笑いが止まらなかった。

あの時オーディションに落ちていたら・・・

あの時スカウトを断っていたら・・・

そして3人のパラレルワールドが最後に一つの世界になるんですが、脚本もおもしろかったし、3人のはっちゃけぶりも爽快でした。

これは是非何らかの形でシリーズ化してほしい。



【かもしれない女優たち まとめ記事】





スポンサーサイト