土曜23:40
フジテレビ


以下引用
“主人公不在”という実験的なスタイルを取ったドラマとなります。
ある朝、学年で一番の美女がこつ然と姿を消した。“彼女”の一番の親友でジャーナリストを夢見るクールな才女が、失踪の理由とその裏に潜む真実に近づいていこうとする。

そして“彼女”とトップ争いをしていた学年のクイーン、さらに“彼女”に憧れを抱いていたバドミントン部の女子生徒、そして”彼女”たちと話したこともない地味な子など、“彼女”の失踪で、残された4人の女子高生達の歯車が徐々に狂いだしていく・・・。

主演は若手俳優の中で注目度№1、 人気急上昇中の実力派女優、松岡茉優さん。意外にも連続ドラマ初主演という松岡さんが演じるのは、“彼女”の親友だったジャーナリストを目指す女子高生、西澤涼子。“彼女”の失踪の理由は何なのか、その裏に何が隠されているのかを探っていくクールな才女役です。

その場に出てこない主人公のせいで周りの人たちに波風が立つというストーリー運びと、カット割りを少なくして長回しを多用することでドキュメンタリーのように撮影する場面の仕上がりは、まるでどこかの学校で本当に起こっている出来事かもしれないという感覚で楽しめる、新感覚やきもき度120%ドラマ。
(公式サイトより引用)






事前情報何もなしで、テレビの番組表で発見して、面白そうと思って録画しました。

何年か前に同じ土曜23時台の枠で、湊かなえ書き下ろしでやっていたドラマ「高校入試」と、同じく湊かなえ原作の映画「白ゆき姫殺人事件」に似てます。

この作品は湊かなえ全然関係ないのに不思議。

現代らしく、LINEとかTwitterっぽい演出が効果的に使われていて、それが結末にどのように繋がっていくのか、楽しみです。

白ゆき姫殺人事件でも同じような演出が使われていたけど、なんか中途半端だったので、もっとセンセーショナルに演出した方が良かったのにな、と思ったものです。

長回しや、主演の松岡茉優がビデオカメラを回す役なんだけど、その映像を実際に使ったり、何やらTwitterでは、劇中で流れるツイートがリアルタイムで流れたりしてるみたいで、なかなかおもしろい試みをやっていて、それも見所ですね。

25分ドラマと短く、全5話と短い。

本当に実験的なドラマのようです。

高校生たちがリアルです。

今時の高校生ってこうだよなーって感じ。

前述の高校入試がおもしろかったので期待したいところですが、なんせサスペンス、ラストが大したことないと減滅しちゃうので、納得のいく結末でお願いしますよ、フジテレビさん。

ただ、1時間じゃくて25分てのが物凄くちょうどいい。

これ1時間だったら多分私つまらないと思ってたかもしれません。




 【She 公式サイト】 






スポンサーサイト