水曜22時
日本テレビ

以下引用
本作で堺が演じるのは、大学病院に勤めている41歳の精神科医・日野倫太郎(ひのりんたろう)。鋭い洞察力と直感力を駆使した天才的な治療法と快復術で、実は内閣官房長官も常連患者という凄腕の精神科医だ。著書も多数、テレビのコメンテーターもこなし、彼の診断は2ヶ月以上先まで予約が取れないほど。そんな倫太郎の前に一人の女性が現れ、順風満帆だった彼の人生を狂わせていく……というストーリーが展開する。
(テレビドガッチ記事より)



これもギリギリで録画鑑賞。

というのも、何回か録画を見ようとトライしたんですが、どうしても途中で見るのがしんどくなって(つまらないという意味で)、ギリギリになってしまいました。

うーん。

辛気くさい。

そしてきれいごとばっかり。

そして個人的には堺さんに飽きてきた。

そしてせっかくの豪華キャストの無駄遣い臭がプンプン。

そして、せっかくの綺麗な映像も無駄遣い臭がプンプン。

世間では何やら好評みたいですが、私はダメだなー。

1話ゲストの、ハリセンボン春菜の演技はよかった。

が、スーパードクターみたいな扱いの倫太郎センセーが、私からすると全然スーパードクターじゃない。

普通のことしか言ってないし、私が患者だったら、あんな言葉で心は動かない。

正直、「ふーん」としか思いませんでした。

ひねくれててすいません( ̄∇ ̄;)

考えてみたら私、そもそも、心理学とか、精神云々とか、そういうの、嫌いなんだった。笑

これだけこのドラマに対して否定的なのに、何故、録画を最後まで見ようと何度もトライしたかというと、蒼井優の役柄が興味深いからでした。

まだ明らかになってないけど、たぶん、多重人格系の役だと思うんですが、凄く上手に、かつ自然に演じていて、蒼井優パートは惹き込まれるものがありました。

あとは内田有紀と高橋一生は大好きな俳優なので、出来れば毎週、そのお顔を拝見したい気持ちはあるんですが、なんせドラマ自体がつまらないので、次回から見るかどうかはわかりません。

うーん、いや、わかりませんというか、多分見ないと思います。笑

私的魅力が、蒼井優、内田有紀、高橋一生しかないので。









 【Dr.倫太郎 公式サイト】 


スポンサーサイト