土曜21時
日本テレビ

以下引用
七尾与史氏の同名小説(幻冬舎)を原作に、ルール無用で悪人を懲らしめるマヤと、マヤに振り回される代官山による迷コンビが、難事件を解決する痛快ポリスコメディー。
(オリコン記事より)



たぶん、原作ファンは好きじゃないだろうな感はありますが、私は原作をまったく知らないただの多部ちゃんファンなので、普通に楽しめました。

でも、この枠で警察もので多部ちゃんなら、どうせならデカワンコの続編やってほしかった・・・

デカワンコが見たい!

まぁそんなこと言ってもしょうがないので話を戻します。

事件はありがちだし、犯人とか動機もすぐ予想がついちゃうんだけど、このドラマは多分中身よりもキャラを楽しむドラマだと思うので、そういう意味では土曜の夜に見るにはちょうどいいと思います。

キャストも、多部ちゃんをはじめ、吉田羊、八乙女光、勝村政信、伊武雅刀など、何気に実力のある人たちばかり。

しかも、1話を見た限りでは、その人に合った役柄っぽいので、安心して見られます。

個人的には、勝村さんと多部ちゃんコンビと言えば「君に届け」じゃないかー!と、君に届けファンとしても若干テンション上がりました。笑

そして一番のサプライズだったのが、まさかのミッツマングローブ。監察医役で出てきた時は笑いました。

制作側がどういう意図でミッツをキャスティングしたかわかりませんが、個人的には「問題のあるレストラン」のヤスケンが凄くよかったので、なんか凄く違和感ありました。

アクの強い監察医なら他にもたくさん出来る人いるでしょうよ。って、思ってしまった。

大倉くんは、DMATの時はひどかったけど、これはまだ見れる。しかも1話に限っては、潜入捜査で女装するシーンがあったんですが、めっちゃキレイ。笑

吉田羊がめっちゃキレイでハキハキしてて凄く好きなんだけど、引けを取らないくらい本当にキレイでした。

その吉田羊、このドラマのすぐ後から始まるEテレのスイッチインタビューでナレーションをやってて、私、この番組も凄く好きなので、この3ヶ月、土曜日は吉田羊dayになりそうで楽しみです。

多部ちゃんのお父さんについて伏線張りまくりだったので、それも注目ですね。












 【ドS刑事 公式サイト】 



スポンサーサイト