火曜22時
NHK(全20回)

以下引用
ひょんなことから芸能マネージャーとなったヒロイン・一子(仲間由紀恵)と、彼女がスカウトした年下の新人男優・遼(町田啓太)。一子は遼を自分の手でスターに育て上げようと奮闘します。やる気のなかった遼は次第に演じることの喜びに目覚めていきます。芸能界という未知の世界に飛び込んだ二人は、反目しあいながらも、頂点を目指して共に戦う、運命共同体となっていきます。二人には戦友のような絆が芽生え、やがてそれは恋に・・・。芸能界を舞台に、一子と遼のコンビの活躍を描く痛快なサクセス・ストーリーであり、ラブ・コメディであり、また二人を囲む個性豊かな人々が織りなす、濃密なヒューマンドラマでもあります。ドラマ10としては初めての、連続20回の長期シリーズとなります。
(NHKトピックスより)



まず単純に、全20回というところでの、完走出来るかどうかという一抹の不安はあります。笑

朝ドラと大河は長丁場だけど、あとのドラマは全5話とかが多いNHKなので、どっちに転ぶか、というのも一つの見どころかもしれません。

そういう意味では、シリアスというか硬派なドラマじゃなくてよかった。

全体的に、民放のドラマを見ているような、はたまた韓国ドラマを見ているような不思議な感覚で1話は見てました。

仲間由紀恵がひどく疲れた顔をしているのが終始気にはなりましたが、こういう、気の強い女性の役は本当にピッタリ。

個人的には、将来的に売れっ子俳優になるであろう役には、もっとキラキラした人かつやさぐれた演技もしっかり出来る人が良かったな。

町田啓太が劇団エグザイルと聞いて、うん、そうか、なるほど、とは思いましたが・・・(悪い意味で)

そして主題歌。

今や「あの人は今」状態の浜崎あゆみかぁ。と、ちょっと落胆していたんですが、オープニングで仲間さんのアテレコみたいな演出になっていて、それがなかなか良かったので、ホッとしました。

あとはハローマイラブですね。

一発屋の役で高橋ジョージが歌ってるんですが、あれは毎週聞きたい。クセになる。笑

一発屋設定で高橋ジョージというキャスティングはナイスなんだけど、あのエセ関西弁は聞いていられない。

本人は関西は全然関係ないのに、業界にいたら業界的関西弁を使うようになっちゃった設定なら許せるかな。

あとはもう草刈正雄が素敵!

草刈さんと、ハローマイラブ目的で見続ける感じになるか、それでもストーリーによっては途中で脱落するか、それはまだまだわかりません。




 【美女と男子 公式サイト】 


スポンサーサイト