今年は、阪神淡路大震災から20年。

もう20年も経つのですね。

まだ20年という感覚の人も居ると思います。


【震災から20年めの成人式 ニュース記事】


【1月17日生まれの松本さん ニュース記事】


今年は、NHKが1日中、特集をしてくれます。

それをお知らせしたくて、1日はやくこの記事を更新しています。

私は去年、友人の結婚式で、真夏の神戸へ行きました。

もちろん、メインは結婚式で、ついでに観光という感じで、ガイドブックに載っている観光地をまわりました。

ここがかつて、あの戦地跡みたいになっていた場所とは到底思えない。

これが正直な感想でした。

本当にとても素敵な町で、暑いことを除いては、神戸に住んでいる友人が羨ましくなるほど魅力的な町。

観光案内をしてくれた友人はもともとこっち(北海道)の人だけど、神戸に移り住んで7年ほどで、案内の最中に時々、ここは震災の時に云々だったんだってーという話をしてくれました。

神戸に発つ前は、あえて事前情報は何も入れずに、ただ神戸の空気を感じて、楽しもうと思って、本当に単純に町が素敵で気に入りました。

札幌に帰ってきてしばらくしてから、自分が訪れた場所が震災の時にどんなだったか調べたら、やっぱり被害が凄かったところもあって、20年でこんなにも素敵な町に生まれ変わったのだなーと、おセンチになったりしました。

そこで改めて神戸の空気を思い出し、思いを馳せ、本日に至っております。

悲しみや苦しみは癒えない。

でも、町は再建した。

と、言われて、正直複雑な気持ちになる方もいるかもしれませんが、これが、当時も今も札幌に住んでいて、去年初めて神戸に行った私の、正直な感想です。

いつか、東日本大震災についても、こんな風に思う日が来るのだろうか。

私は明日、厄払いに行くので、亡くなった方々のご冥福と、ご家族や、傷ついた方々の平穏と幸せを祈ってきます。

スポンサーサイト