水曜22時
フジテレビ


以下引用
子供ができるまでは、夫婦円満だった家族。しかし、出産をきっかけに家族の関係に亀裂が入り、終いには離婚にまで発展する「産後危機」と呼ばれる状態が問題となっている。このドラマは、その産後危機によって、父親らしい進歩がなく、家族からも疎遠になってしまう夫が、「理想の夫」を取り戻すまでの姿を、コメディータッチで描くホームドラマである。
(Wikipediaより)


最近、ドラマに全然出てくれない岸谷五朗が!

ラッキー!

というのが初回を見た一番の印象。笑

正直、ストーリーとしては面白いとは言えないです。

が、子育て中のお母さんの描写は、今までの子育てドラマの中でもリアリティがあります。

私は独身ですが、母になった友人たちの話を聞いていると、ドラマの中のお母さんにはリアリティが全くない。

そんな中、このドラマは「あるあるー」が満載です。

ただ、倉科カナちゃんがまだ独身でリアルお母さんではないことだけが物凄い違和感。

こういう場合、実生活でもお母さん、お父さんの役者さんをキャスティングした方がよかったんじゃないかと思います。

残念な夫、というタイトルですが、夫が全然残念じゃないんだなこれが。

もっと非協力的で文句ばっかり言ってる夫を想像していたので、この、仕事はちゃんとする、誰にでも優しい、妻を愛している、文句は言わない、子どもをそれなりに可愛がっている、という夫は、むしろ出来過ぎです。

まぁ、「暇だったらあれやっといて」だの「泣いてるよ」だの、うんちだったらオムツ替えないだのはやっぱりイラつきますが。

ただ、思ったらしいドラマではないので、毎週見ます。





残念な夫 公式サイト


スポンサーサイト