久しぶりにがっつり昼寝をしてしまって眠れないので、前にもしたかもしれない話をまた書きます。

最近、若者に限らず、言葉が変になってきてますよね。

例をあげろと言われればたくさんありすぎて逆に出てこないくらい。

中でも、私が最も気になるのは、配偶者の呼称。

特に、自分の夫のことを旦那、または旦那さんと呼ぶ人。

それから、自分の妻のことを嫁と呼ぶ人。

多分ですが、関西の芸人さんとかがよく使う言葉で、その関西の芸人さんとかが全国区で使うようになってから、世間一般にも広がったように思います。

何が気になるって、旦那って呼び方は、なんか蔑んでいるように聞こえるし、さらにそれにさんをつけると余計ちんぷんかんぷんに聞こえる。

嫁に関しても、なんか下に見ているような感じがして、印象が悪い。関西の方が言うのは何故か違和感がないけど、関西以外の方が言うと不快。

まぁ、使う場所や相手にもよりますが、私の中で最も印象がいいのは、「夫」「妻」ですね。

または「主人」「家内」

または「名字」「カミさん」

名字ってのは、例えば佐藤さんご夫妻がいたとして、佐藤夫の上司への、佐藤妻からの挨拶だとしたら、「佐藤がいつもお世話になっております」が印象いい。

友だち同士でしゃべるときは何だっていいじゃないか、という人もいると思いますが、あまりに旦那って言う人が本当に多くて、なんか下品に聞こえちゃうんですよね。

さらに「うちの旦那さん」なんて言うと、蔑んでるのか尊敬してるのかどっちなのか、とっちらかっちゃってる感じ。

さんを付けるのは友だちの方で、自分では付けないだろ普通。と思います。

友だち同士の会話の時は、「夫」「妻」がやっぱり一番印象がいい。

これは、当事者しか使えない言葉だし、夫に対しても妻に対しても対等な呼び方だと思います。

では他人が呼ぶ時はどうか。

これも、つい「旦那さん」と言いがちだし、私も言ってしまいますが、正しくは「ご主人」なんだろうなと思います。

私は、名前を知っていれば名前で呼ぶようにしてますが、知らない時、または名前が出てこない時(笑)はなるべくご主人と言うようにしています。

逆の場合は「奥さん」ですね。これは他に呼びようがないのでこれでいいんだと思います。

たまに、「うちのパパ」「うちのママ」とか言う人もいますが、これは論外です。もちろん、全否定をしているわけではなくて、あくまで個人的に、私は聞いてて不快、というだけの話ですが。

相方、とか、連れ、とかも論外。

うん、やっぱり、どんな場面でもどんな相手でも、相手に不快に思われないのは、「夫」「妻」じゃないかなぁ。

でも中年を過ぎたら一番しっくりくるのは、「主人」「家内」かなぁ。「女房」だとちょっとやっぱり古くて下品な感じだし。

とにかく、「旦那」「嫁」は私の中で今もっとも不快な日本語のひとつです。

そもそも旦那って、若旦那!みたいな感じで、例えば古くからの酒屋さんの従業員が、雇い主を「旦那さま!」と言っているイメージだし、嫁は、姑から見た立場の呼び名であって、本来夫が言う言葉ではないのでは?

このへんはよく調べてみないとわかりませんが、日本語ってほんと奥深いですよね。おもしろい。

その点、英語はハズバンドかワイフくらいしかないから楽でいいな。笑

ちなみに私は「家内」「カミさん」と呼ばれたいと思って生きてきましたが、これを書いていたら、やっぱり「妻」がいいな。笑

スポンサーサイト