と、いうわけで、私の中で大当たりだった夏ドラマ評、完走しました。

と、いうわけで、いつの間にか10月に突入しています。

はやい。

今年もあと3ヶ月しかないなんて。

あと3ヶ月したら2015年だなんて。

昨年末に、仕事を辞める決意をしてスッキリ年明けを迎え、春には新しい職場(半年の期限付きの短期職員)に。

初夏に体調を崩し、夏に母が亡くなり、そのバタバタの中でいつの間にか体調も戻り、盛夏に神戸へ旅行、そして秋。

今は、職探しをしながらニート生活を送っています。

気がつけば、母が亡くなって2ヶ月が過ぎ、ちょっと無気力な自分がいます。

これが「来る」ということなのか。

まず、四十九日が終わった途端、家事をする気が全く起きなくなりました。

さらに、納骨の前の日に胃腸炎になったことで、母のいない心細さを少しだけ実感したような気がして、体調不良もあいまって、何もする気がおきない。

胃腸炎による体調不良はだいぶ良くなり、あとは食べられるものが普通に戻れば問題ないところまで回復しました。

職探しは焦らずマイペースにやっているし、友人とも会っておしゃべりをしたりするんだけど、どこか上の空。

ドラマの録画を見る時も、どこか集中出来ないので、字幕を出して見たりしています。

まぁ、夏は窓を開けていて外がうるさいと、テレビの音も聞こえなくなっちゃうので、そのための字幕でもあるんだけど。

自分ではそんなに来てるとは思ってないんだけど、なんというか、無意識レベルで無気力というか、よくよく自分のことを振り返ってみると、ああ、これが無気力ということなのか、と気付く感じ。

ストレス発散に、映画のDVDを借りてきて見まくっています。

仕事を始めれば気力も湧いてこよう。

今年も残り3ヶ月。

iPhone6に手を出そうか迷いながら、就活頑張ります。笑


スポンサーサイト