木曜21時
テレビ朝日

以下引用。

死の謎に挑む孤高の天才監察医の活躍と
法医学の現実を鋭く描く医療ミステリー

監察医務院。そこは、人間が受ける最後の医療現場。急性死、事故死、自殺など、すべての不自然死の行政解剖を行う場所である。日本の現状は、異常死体の平均解剖率だけを見ても、欧米よりもはるかに下回る水準。慢性的に人手が不足し、多くの事件を見過ごしている可能性が指摘されている-。

そんな厳しい現状の中、新人監察医として法医学の世界に飛び込んでいくことになるのが、武井咲演じる主人公・松本真央。彼女は、IQ150の頭脳と類まれな監察眼を併せ持ち、アメリカでの飛び級を経て、若くして監察医となった才女。しかし、異性にも、オシャレにも、出世や名誉にも頓着せず、唯一興味を示すのは、遺体の検案・解剖のみという変わり者。彼女は、様々な事情で命を落とした遺体と向き合い、声なき声を聞くことで、隠された真実を解き明かしていくことになる。

(公式サイトより)





まず、武井咲ちゃんが医者の役ということで、若すぎるやろ!というのがあったから、見ようかどうか迷っていたんですが、内容は面白そうだったので、とりあえず初回は録画でみました。

やっぱり若すぎる。

でも面白かったです。

ここにも生瀬さん出とる!だから同じクールのドラマに同じ役者を使うのはよしてと言っているじゃないか!(ここでしか言ってないけど)

でも面白かったです。笑

武井咲ちゃんは、少しずつだけど、演技がうまくなってきていると思います。そして可愛い!一切笑わない役でも可愛い!

そして蔵さまカッコイイ!あ、佐々木蔵之介のことですけどね、関西弁のやさぐれた刑事役なんですけど、めっちゃ似合うし、カッコイイ!

その蔵さまの相棒役の和田正人(ごちそうさんで源ちゃん役だった)もまた関西弁で、2人ともネイティブ関西人だから、このコンビの掛け合いがイイ。

監察医のお話ということで、テレ東のラストドクターと設定がかぶってしまった模様ですが、どっちかって言うとこっちの方が面白いかな。

死に方とか、犯人の動機とかはありがちだけど、役者がいいし、テンポもいいし、主人公に謎があるし、明るいシーンとシリアスシーンのバランスもいい。

武井咲ちゃんが、飛び級した設定とはいえ、医者には若すぎる点だけが残念ポイントかな。

全体的には面白いドラマなので、最後まで見ます。




















ゼロの真実 公式サイト





スポンサーサイト