月曜21時
フジテレビ

以下引用。

2001年に連続ドラマとして大ヒットし、2006年のスペシャル版の放送を経て、2007年には劇場版が公開され、同年の邦画実写1位を記録した『HERO』。型破りな検事・久利生公平を中心に描かれる個性的な城西支部のメンバーの群像劇が話題を呼び、愛され続けてきた。このフジテレビが誇る作品が開局55年目にあたる2014年という記念の年に、7月月9ドラマとしてよみがえる。

(公式サイトより)





キムタクが苦手(というかはっきり言って嫌い)な私が唯一見ていたドラマの続編です。

好きなドラマだけど、今さらこれの続編?という疑問もありつつ、新キャストになって劣化しそうという不安もありつつ、初回をみました。

やっぱりキムタクは苦手。

でもやっぱりドラマはおもしろい。

テンポがいいし、相変わらずの空気感で、元法学部としては、やっぱり単純に話がおもしろい。いや、元法学部じゃなくてもおもしろい。

新旧キャストが意外とバランスがいいし、新キャストも杉本哲太や濱田岳など好きな人ばっかりだけど、まだやっぱり松たか子と阿部寛と大塚寧々がいないのがなぁ、と思ってしまいます。

いずれゲスト出演するとは思うけど・・・

なにより、児玉さんがいないとこのドラマは締まらない!と思っていたら、写真でのご出演。素敵だ。special thanksになっていたのがまた泣ける。

初回では、まさかの森山直太朗が!だったり、「あるよ」の田中要次が相変わらずだったり、あの警備員が事務官になってる!だったり、北川景子萌え~♡だったり、けっこう楽しめました。

そしてテーマ曲。これけっこう好きなんです。ワクワクしますね。さすが服部さん。

だけどやっぱり雨宮がいないとなぁ。セリフの中で、雨宮は無事に検事にはなったけど、久利生とは別れたっぽいような雰囲気を醸し出していたけど、やっぱり久利生には雨宮だと思うから、まかり間違っても、北川景子との恋愛発展は無しでお願いしますよ、フジテレビさん。

















HERO 公式サイト



スポンサーサイト