★★★★★





フジテレビには好意的な意見を持たない私ですが、これはいいドラマでした。

やればできるじゃないか、フジテレビ。

と、毎週思うくらい、とても丁寧に作られたドラマでした。

ここ泣くところ!な、お涙頂戴な演出も無いし、過剰な音楽でごまかそうとするあざとさも無い、本当に丁寧なドラマ。

役者さんたちがひとつひとつ丁寧に演じていたので、その必要も無かったのでしょう。

主題歌や挿入歌も自然で、ドラマにマッチしていたし。

ALSという病気は知ってはいたけど、詳しいことは知らなかったので、その丁寧さがまたグッとくるものがありました。

そして、当事者の苦悩はもちろん、家族や友達など、周りの人たちの反応や関わり方が割とリアルで、それが逆に泣けました。



この弟が素晴らしいアクセントになっていました。

あくまで主役はALSの兄の方なんだけど、うまい具合にこの弟の問題も組み込まれていて、本当にバランスもよかった。



お願いだから、僕の人生から出ていってください。

このシーン、一番泣きました。



分かり合えた家族。



恐竜の話になると生き生きしすぎて、止まらなくなる陸人。かわいいよ陸人♡



親友という名の良き理解者。



いっかいやらせてください!

チャラいけど一貫してひなちゃんを好きだったまもちゃん、好きです。笑

結婚出来てよかったね!



先生が地味に毎週、いいこと言ってました。



そしてメグ。



いいシーン。



ねこふんじゃったのシーン、微笑ましかった。



メグは先輩という十字架を背負いながら生きていかなきゃならなくなったけど、一生、拓人を支えて添い遂げることが何よりの罪滅ぼしだと思います。



この、お互いの母親の2人きりのシーンも泣けました。

私も、いつか結婚する人の親には辛い思いはさせたくないなと心から思う、切ないシーンでした。

全体的に淡々としたドラマだったからこそ、グッとくるものがあったし、涙したし、考えさせられました。

演者がみんな良かったというのもあるけど。

本当に、過剰な演出や音楽のドラマが増えたので、こういうドラマがまた増えてくれたらいいなとすら思う、本当にいいドラマでした。

余談ですが、三浦春馬くんはやっぱり黒髪短髪の方が似合う。

ラストシンデレラの時みたいな茶髪で長髪は似合わない(チャラチャラした役だから仕方ないけど)

さわやかが一番です。

スポンサーサイト