と、いうわけで、次々と新ドラマが始まっております。

既に録画を溜めてしまっていますが、とりあえず年末年始の音楽番組は発酵させておいて笑、ドラマ優先でどんどん見て、どんどん書いていきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお付き合いをお願いいたします!

まずは大河ドラマから。

軍師官兵衛
日曜20時NHK総合

前作を1年間見ていた流れでとりあえず見ています。

世間では「あまロス」なんて言葉を耳にしましたが、私は完全に「八重ロス」状態です。笑

加えて、歴史に興味があるわけでもないので、正直、脱落する可能性大です。

巷では、ナレーションがひどいという声がありますが、私の場合、それ以前の問題で、官兵衛という人に惹かれるかどうかが今後の鍵になってきます。

まだはじまったばかりなので何とも言えませんが、初回を見た感じでは、とりあえず柴田恭兵にみんな喰われてたのと、江口洋介の信長が意外と合わない、という印象でした。

喰われていたというより、柴田恭兵意外の演技が軽いという感じかな。

官兵衛の子ども時代を演じた子役は良かったけど、逆に良かったから、大人になるのが早すぎた。

もう少し子ども時代を見ていたかったな、というところです。

岡田くんの16歳ってのもちょっと無理あるし・・・

たぶん、八重の桜でなかなか綾瀬はるかが登場しなかったことによる反省から、いきなり1話で岡田くん登場になっちゃったんだと思いますが…

岡田くんはSPの時はすごく良かったけど、時代劇は合わないなと思いました。本人は歴史マニアらしいですが…

でもやっぱり、自分が「八重ロス」なのが大きいです。

多分、入り込めなくて、脱落しそうな予感がしています。



軍師官兵衛 公式サイト
スポンサーサイト