はい。一気に書いてゆきます。

リーガルハイ。
水曜22時フジテレビ
★★★★☆

星5つにしたいところですが、やっぱり前作の方が面白かった&深かったので、星4つです。

あと、やっぱり前作を見ていなくて、半沢で堺さんの演技力に魅せられた流れで見た人は(私のまわりでは)全員脱落したので。



半沢の流れで見た人は、こんな境さん見たくなかったと思う。笑



前回は境さんとガッキー、生瀬さんの戦いだったけど、今回は岡田将生くん。

正直、岡田くんのキャラがうざすぎたのと、セリフ回しがどうも私は苦手でした。

黒幕もホモ説も最初からファンの間では話題になっていたから、なんのオチにもなっていなかったし…

ジェーンも、正直、このキャラいらないじゃん。と、ずっと思ってました。

でも、ガッキー演じる黛先生、別名朝ドラの成長がハンパなかったのは評価出来る最大のポイントだったな。

成長というか、コミカド先生色に染まってゆく様が、ちゃんと成長として描かれていました。



法廷内でこんなこともしちゃうし。笑

まぁ、なんと言ってもやっぱり素敵ダンディな服部さんに毎週目が♡でしたがね。



最終回での茶番に付き合う服部さんさすがでした♡

ラストは、私はああいうはっきりしない終わり方がコミカド先生らしくて良かったと思います。

生瀬さん不足だったけど最後に出てきてくれたし。小雪も、最初は微妙な配役だと思いましたが、話が進むにつれ貴和さん色が濃くなって、最終的には良かったかな。

今回はほんとにコメディ色が強くていかがなものかと思いましたが、それでもやっぱりコミカド先生は正論だし、やり方は汚いけど先のことを見据えた戦いをするので、綺麗事が嫌いな私は共感できる部分が多々ありました。

ま、一番優秀なのは結局蘭丸くんですけどね。



いつか、本当に黛先生がコミカド先生を負かすところを見たい!

でもこのドラマは終わってほしくない!笑
スポンサーサイト