★★★☆☆



ちゃんと見たのはラスト1ヶ月くらいですが笑、クドカン健在って感じ。

震災を、クドカンがどう描くのか、それが気になってラスト1ヶ月くらいを真面目に見た、という感じです。

それまでは、家族がリビングで見ている時にたまたま私の朝ごはんの時間だったりすると、時々見ていましたが、べつに興味も無かったので、チラ見。

震災の描き方に関しては、さすがでした。模型と、人々の「反応」だけで表現。それだけでも、十分当時のことを思い出して涙が出たし、模型がよく出来ていたので、映像が無くても十分伝わりました。

それはクドカンだけじゃなく、演出の良さ、演者の熱や思いが合わさって、いいシーンになっていたので、この作品に関わる人々の、また、東北の人々の思いが詰まった瞬間に感じられました。





キャストが絶妙でした。

古田さんの太巻は完ぺきだった笑

ただ、このドラマを、朝ドラのヘビー視聴者と思われる高齢者たちは楽しんで見れたのか、それが少々疑問。

私たち若い世代には面白かったけど、あのテンポについていけない人もいたと思う。

何やら私が見始めた東京編がショボくなっちゃって、岩手編の方が凄く盛り上がっていたらしいですが、今度総集編があるみたいなので、見てみます。
スポンサーサイト