広島ばかりがなぜかいつも大きく扱われます。

忘れてはなりません。

長崎を。

今日は式典を見られなかったんですが、さっきネットニュースの記事で、市長の平和宣言全文を読みました。

胸を打たれました。

今を生きる若い世代は、被爆者の生の声を聞ける最後の世代だから、ちゃんと聞いておいてください、というような言葉に、ハッとしました。

私の周りには戦争を体験した人が少ない。

唯一、軍隊に行ったことのあるお祖父ちゃんは去年亡くなってしまった。

もっと話を聞いておくべきだった、と思います。

修学旅行で広島に行った時、被爆者の生の声と、記念館のやたら生々しい模型に衝撃を受けたのを、今でもはっきり覚えていますが、戦争に触れたのは後にも先にもそれ1回こっきり。

我々若い世代は、あまりに平和な世に恵まれ、危機感を持ち合わせていないというのが正直なところ。

危機感は持たねばならないと、近年の外交関係をみていて、思い始めています。

それは戦争とは違くて、自分を、家族を守る術は持たねばならないという意味です。

話がだいぶ逸れましたが、どうか、長崎が、人類最後の被爆地となりますように。
スポンサーサイト