あれから20年。

↓詳しくはこちらへどうぞ↓

北海道南西沖地震 概要


忘れもしません。

自然災害の少ない札幌で、生まれて初めて体感した大きな地震でした。

当時は小学生で、ちょうど実家の建て替えをしていて、仮住まいのアパート暮らしだったので、すごく揺れたのを未だに感覚的に覚えています。

翌日のニュースで見た、奥尻島の惨状も、忘れることが出来ません。

津波そのものの映像こそ無いものの、津波によって家々が奪われ、戦後みたいな風景になってしまった街並みと、追い打ちをかけるような火災の映像。

奥尻島はたった5年で復興宣言をしましたが、やっぱり人々の傷は癒えない。

先日、テレビのインタビューで、島民の方が涙ぐみながら「なぜあの時の教訓が東日本大震災で活きなかったのか、悔しい」と仰っていました。

この地震から何年もしないうちに阪神淡路大震災が発生し、国民の記憶から「津波が恐ろしい」が薄れてしまったのは否めないと思います。

阪神淡路大震災の後、揺れに強い建物作りが確かに進みましたが、津波には勝てない。

地震には強いが津波には弱い。

ということだと思うんです。

建物だけじゃなくて、私たちの意識の問題でもあります。

でも、今を生きる私たちは、東日本大震災で、十分すぎるほど津波の怖さを知りました。

だから、危惧されている南海トラフや、首都直下型に備えられるはずです。

日本の技術屋さんはスゴイ!ということも知っています。

だから、活かせるものはどんどん活かし、くだらないことに税金使ってないで、地震や津波の研究と備えに使ってほしい。

今回の参院選。増税や原発や改憲やTPPのことばかりで、東北のことですら置き去り…

日本は優しい国だと思っていたんだけどなぁ。

これから、強くて優しい国にならなければいけないと思うんだけどなぁ。

そんな思いを抱いた、今日という日です。
スポンサーサイト