春ドラマも折り返し地点ということで、今クールのドラマ中間評です。





日曜日から。

八重の桜
★★★☆☆

放送開始から半年が経とうというのに、八重さんが主役というより、覚馬さんが主役っぽい。

でも、八重さんの物語ではなく、会津の物語として見ればとても面白いです。

音楽が特徴的で、サントラ借りちゃったくらい、心躍るBGM。

そして、役者さんが素晴らしい。新撰組の斉藤一役の人が凄い存在感を放っていて、誰だと思ったらドラゴンアッシュの降谷さんでした。

松平容保役の綾野剛が毎週素敵。



月曜日。
が、なくて、

火曜日。
も、なくて、

水曜日。

家族ゲーム
★★★☆☆

見ていて疲れる。が、原作も映画も知らない私は、吉野荒野がどうしてあの家族を陥れようとしているのか、過去に何があったのかが気になるので、毎週見てしまう。

天使のように可愛かった神木龍之介が大人になってなかなかいいお芝居をしているので、それも毎週楽しみになっています。



木曜日。

刑事110キロ
★★☆☆☆

石ちゃんの腹黒そうな感じがよく出ていて、キャスティングした人素晴らしいな。

ただ事件としてはありがちだし、解決方法も読めてしまうので、その点で面白さ半減。相棒を見慣れてしまうと、他の刑事ものは読めてしまうのです笑

主題歌が、近年には珍しい徳永英明のオリジナルなので、いい感じ。

トカゲ
★★★☆☆

私のまわりにもファンが多い松田翔太が潜入探偵役で、かっこいい。

正直、松田翔太が主役じゃなかったらストーリーには興味持てなかったとすら思うほど、中身はイマイチです。

ただ、子役の子が超絶かわいい。ゴーストママでとんぼくんを演じていた子なんだけど、かわいい。

ラストシンデレラ
★★☆☆☆

主人公の下品さが嫌だから見ないつもりだったけど、最近、胸キュンに飢えているので、恋愛ものが見たくて結局これしか無く、仕方なく見てます笑

三浦春馬くん、十代の頃の可愛さは無くなってしまったけど、演技上手だなぁ。

なんかちょっと古くさいドラマだなぁとは思いつつ、やっぱり人を好きになるっていいなぁ、と思うのです。



金曜日。
が、なくて、

土曜日。

35歳の高校生
★★★☆☆

米倉さんは本当にこういう、媚びない一匹狼的な役が似合う。素敵です。

中には演技が下手で見てらんない人も居ますが、まぁ学園ものにはそれも付き物なので、我慢しています笑

米倉さんの「ほんと大変、今の高校生って」っていうセリフにいちいち共感したり、溝端くんの、完全に馬場ちゃん(米倉さん)に頼り切ってるダメ教師ぶりもおもしろい。

一番のワル役菅田くんのお芝居が上手なので、毎回ついつい菅田くんに目が行ってしまいます。

タイムスクープハンター
★★☆☆☆

時間も遅いので、見る時は見る、見ない時は見ない、なドラマ。

相変わらずのリアリティでおもしろいんだけど、今シーズンはあまり題材が良くない気がします。私的に。






今クールは私的にイマイチだなー。

「はやく来週こないかな」というワクワク感がゼロ。

そしてほとんどのドラマがながら見で十分。

八重の桜なんかは、最初は録画して字幕出してじっくり見てたんだけど、会津弁もわかるようになってきたし、昔ながらの難しい言葉も、流れで大体わかるので、ながら見になってきました。

とりあえず今生き残っているものは最後まで見届けて、次の夏ドラマに期待です。
スポンサーサイト