3月26日22時NHK

震災から10ヶ月。仮設住宅に引きこもる女子高生「某ちゃん」(刈谷友衣子)を心配した兄貴分の蒲鉾店四代目・國枝(吉田栄作)は、半ば強制的に女川さいがいFMに参加させる。しかし、ほとんど何もしゃべれない、何も伝えられない…。落ち込む彼女に、父親(豊原功補)が、「話すのが苦手ならば文字で表現したらいい…」とブログを勧める。彼女は、自分自身の心情を少しずつ綴り始めて行く。
そんな某ちゃんが放送で流したロックミュージックを、ネット配信で耳にしたのは、東京で働く飛松(リリー・フランキー)。なぜか心惹かれ…某ちゃんとのメールのやりとりが始まる。さいがいFMの仲間たち(安藤サクラ・新井浩文)にも支えられ、某ちゃんは次第に元気を取り戻し、未来に希望を持ち始めていく。
そんな時、瓦礫の受け入れについて書いた某ちゃんのブログが突然炎上する!普段は10人程だった閲覧者が、100万人を超えた!いったい何が起こったのか?…窮地に立たされる某ちゃん…そして仲間たち…
被災地女川で「ブログ」と「ラジオ」を経験し、自分自身を取り戻していく女子高生と仲間たちの物語は、震災を描くドラマではない。「心」の復興を描くドラマである。

(公式サイトより引用)



「まだ2年しか経っていないのにもうドラマか」という気持ちもあり、直前まで、見るか見ないか迷った末、「でもメディアは震災なんて忘れちゃったみたいに報道してくれないし、これはきっと見なくちゃいけないものだ」と思い、見ました。

見てよかった。

泣きまくりました。

語弊があるかもしれないけど、正直、「あぁ、わたしは部外者以外の何者でもないんだな」と痛感させられただけのドラマで・・・

だから、見てよかったと思いました。

「被災地」「被災者」と呼ばれることについて。

瓦礫について。

部外者にとっては震災は「思い出すもの」だけど、当事者にとっては現在進行形で、日常であること。

そういうことは、震災から2年経った今、生活にまみれて忘れてしまっている自分がいて、ドラマを見て久しぶりに思い出したというのが正直なところ。

ドラマでは、現地の日常や心理描写がすごくリアルに描かれていて、役者さんたちがそれをとても自然に演じていたので、何も出来ないと言って何もしない自分が情けなくもなったりして、心が痛みました。

現地の今、当事者の今。それを垣間見ることが出来た気がして、これから先、自分に何が出来るかわからないけど、同じ日本人として、復旧復興を何十年と見続けていく覚悟が必要なんだなと。

当時は、たまたまテレビで見たラジオ石巻に、オリジナル曲の新録CDと携帯ラジオを送らせてもらって、募金もして、とにかく何かしなくちゃ!という気持ちが強かったことを思い出しました。

2年が経って生活にまみれているけど、思いを寄せることは続けていこうと思います。




ラジオ 公式サイト


スポンサーサイト