日曜21時TBS
★★★★☆

丁寧で、あったかいドラマでした。

時代錯誤というか、年齢設定おかしくないか?という疑問は最後まであったし、どうしてもNHK版と比較してしまう部分はありましたが、おもしろかったです。

NHK版では、ラストで結婚式のシーンがあって、それがとても良かったので、そのシーンが無かったのが残念でした。

時代考証、年齢設定、結婚式シーン、その3点が少し残念だったので、星4つ。

でも、やっぱり昨今はこういう、あったかいドラマがなかなか無いので、昭和の不器用で一生懸命な親父の物語として、ホッとする時間でした。

福山雅治の主題歌がまた素敵で、ドラマにマッチしていて良かったですね。

ただやっぱりこの日9枠は、何かと狙いすぎ感というか、気合入りすぎ感があって、今回もそれは否めなかったけど、おもしろかったのも否めないので、今後もこの枠には期待です。

内野聖陽はじめ、柄本明、野村宏伸、常盤貴子、麻生祐未、ベンガル等々、中堅~ベテランの役者さんがとにかく素晴らしかったです。

その中で頑張っていた我らがチームナックスの末っ子・音尾くんもナイスでした。毎週やっさんに殴られるという、大変おいしい役で嬉しかった。

中堅~ベテランがすごく良かったから安心して見ていられたし、毎週泣かされた感じです。

若者ばかりのドラマだと、なんかごちゃごちゃしちゃって、見ていて疲れるんですよね。

全体的に予告詐欺はひどかったけど、ラストはきれいに終わってくれたので、納得の最終回でした。

番組中に流れる生命保険のCMで、NHK版アキラを演じていた池松くんが毎週登場するのが不思議な感覚でした(笑)

次クールは、新垣結衣ちゃんと綾野剛ということで、内容は軽そうであまり興味は無いんですが、大河ドラマで、人格者である松平容保を素晴らしく熱演している綾野剛のコメディタッチな演技も見てみたいので、とりあえず初回は見てみようと思います。


スポンサーサイト