年明けから始まったドラマも、最終回を迎えます。

あっという間の3ヶ月でした。

今クールは、やや当たりでした。ハンチョウと、終電バイバイ、シェアハウスの恋人は、脱落しました。

というわけで、私が見ているドラマの中で先陣を切って最終回を迎えたこのドラマの感想から書いていきます。

いつか陽のあたる場所で
火曜22時NHK

★★★★★

実にいいドラマでした。

変にいろんなことを美化したり、大袈裟にしたりせずに、前科を持ってしまった2人の女性の暮らしや、その家族や周囲との関わりを、リアリティのある描写で表現していたと思います。

最後、岩瀬さんとどうなったのかの展開が無かったことだけが残念だけど、ちゃんとお母さんとも和解して、ドラマとしてハッピーエンドになったので、ホッとしました。

あやさんのお父さんが亡くなる回の時は、もう泣きすぎて頭が痛くて大変でした。

テーマ自体は重かったけど、重々しくならず、バランスも良かったし、ドラマとしてとっても安定した作りだったので、毎週楽しみにしていました。

音楽も素敵で、ドラマに溶け込んでいて、うん、すべてにおいてバランスが良かったかな。

いいドラマでした。

スポンサーサイト