秋ドラマが次々と最終回を迎えています。

まずはこのドラマから、順を追って書いていきます。

全5回と少ない話数でしたが、最近の刑事ドラマにはなかなか無い、「視聴者には先に犯人がわかる」という手法。

梅ちゃん先生で変人の松岡先生を熱演した高橋光臣と、トレンディドラマで一斉を風靡した三上博史が相棒役ということで、これも内容にはあまり期待せずに、時々みました。

内容はありがちな感じだったけど、2人のキャラが立っていて見やすかったです。

1年を通して数回見た大河ドラマ「平清盛」の三上さんの役もハマり役だったけど、この、変わり者刑事もまたナイスでした。

でも、変わり者度が足りないかなー。もっと変な役もやってきた人だけに、もっと変わり者を期待してしまっていた自分がいます(笑)

でも、続編があったらきっとまた見ます。
スポンサーサイト