と、いうわけで、今クールはほぼ毎日ドラマを見ています。

曜日毎に↓

月曜はナシ(笑)

火曜
■遅咲きのヒマワリ■
★★★★☆
近年稀に見る、現実味のある内容だと思います。「the・群像劇」という感じで、若者のリアル、すたれてきた町のリアル、主婦のリアルなど、セリフや心の描写にうまく表れていると思います。自分と同年代という設定も大きいとは思いますが。現代版(そして社会人版)白線流しという感じで私は好きです。

■ゴーイングマイホーム■
★★☆☆☆
ドラマとしては淡々としすぎかなぁ。映画監督が作っているので、毎回、映画を見ているような感覚になる演出に脚本に映像に…という感じで、大衆受けはしないと思います。「クーナ(妖精)探しの設定はいらない」と思う人が多いみたいですが、私的にはむしろ、このクーナ探し設定が無いとたいそうつまらない(笑)阿部寛の夢の中で、阿部サダヲがクーナ(妖精)と化しているんですが、シュールでおもしろい。あと、出てくる料理がいちいち美味しそう。



水曜
■相棒■
★★★☆☆
去年までなら星5つだったのですが…なんだろう、今シーズンは「早く来週来ないかな」感も無いし、「リアルタイムで絶対見たい!」も無く、結局録画で、しかもながら見で十分なんです。新相棒の成宮くんは好きだし、当たり外れがあるとは言え抜けの無い脚本に変わらぬ安定感はあるものの、今までみたいに「楽しみ!ワクワク!」というのが無い。うーむ。なんでだろう…



木曜
■ドクターX■
★★★★☆
期待をしていなかった分、意外なおもしろさでハマっています。女版ブラックジャックって感じかな。米倉さんのキャラに本当に合った役だし、すごくスカッとするので、なんならシリーズ化してほしいかも(笑)個人的には、米倉さんを派遣している岸部一徳の悪役的キャラが良い。

■結婚しない■
★★★★☆
これも意外なリアルさでした。正直、全然期待していなかったんです。でも、やっぱり自分と境遇が似ていたりするからか、セリフや心の描写がリアルで、毎週楽しみです。最初の評でも書きましたが、菅野ちゃんと玉木くんに幸せになってほしいなぁ。



金曜
■大奥■
★★★★★
今クールで一番おもしろいです。これも全然期待していなかったので、まずは境雅人の麗しさと、多部ちゃんの魅力と、春日局様(麻生さん)の迫力に引き込まれました。なんというか、人間の欲望と、悲恋と、思いがうずまいて、切ない。そして、平山浩行の凛とした演技にハマりました。「海猿」の最新作でのパイロット役で「ああ、この役者さん知ってはいたけど素敵だなー」と思い、今回のこの役で好きになりました。

■勇者ヨシヒコと悪霊の鍵■
★★★☆☆
安定してくだらない(笑)が、マンネリ化は否めない…が、それでも面白い。が、やっぱりマンネリ化が否めないので、今回は大体ながら見になってしまっています。先週だったかな、ヨシヒコ一座を装った魔物と、ヨシヒコが仲良くなってしまう回はおもしろかったです。



土曜
■実験刑事トトリ■
★★★☆☆
期待していたほどではなかったけど、相棒ものとしては、本家「相棒」よりも、相棒である意味があるので、見応えがあります。あ、だからかな、今シーズンの相棒があまり楽しくないのは…ただ、ちょっと中途半端かな。脚本が。もっと練るか、もっと派手にするか、どちらかなら、私は「来週が楽しみ!」になっていたかもしれません。全5回しか無いので、始まったばかりですがもう今週で最終回です。



日曜
■東京エアポート■
★★★★☆
これも全然期待していなかった分、おもしろいです。管制官のドラマが無かったので新鮮、というのもありますが、役者さんたちが意外といいお芝居をしていて、テンポも良く、見やすいです。瀬戸朝香がかっこいい。空港の裏側(実際はどうかわかりませんが)も「ああ、そういうことだったのか」とか、「へえ、そういう仕組みになってるのか」とか、発見もあって楽しいです。



では、次回はいよいよ今年最後のドラマ最終評!お楽しみに~。



スポンサーサイト