金曜22時TBS

ストーリー自体に興味が持てなくて、全然期待してなかったんですが、ひたすら堺雅人の演技に引き込まれました。

美しいを通り越して、もう、なんと麗しいのでしょう…

思えば堺雅人の時代劇は大河ドラマの新撰組“山浪さん”以来ですが、あの時「この人引き込むのうまいなー。不思議なオーラあるなー」と思って、注目し始めたんです。

最初に知ったのは朝ドラのオードリーでしたが、そういえばこの朝ドラでも微笑み王子だったなぁ。

オードリーで知った俳優さんのもう一人が佐々木蔵之介。こちらもまた個性的で素敵でした。

おっと、脱線してしまいました(笑)

脚本自体は大しておもしろくはないけど、役者さんがすごくいいので、それで持っているようなドラマになる予感。

個人的には大好きな多部ちゃんも出てるし、堺さんの麗しさにはすっかり目がハートだし、麻生さんの春日局もめちゃくちゃうまいし、KAT-TUNの田中くんもなかなか可愛いので、結局最後まで見そうです。





大奥公式サイト
スポンサーサイト