FC2ブログ
退院から約1ヶ月後、なぜそのタイミングだったのかはよくわかりませんが、やっとMRI検査をしました。

入院の時にしてくれればいいのに…

さらに1週間後、その結果を聞きに病院へ。

年が明けてから病院ばっかり行ってるなーと思いながら、癌とかじゃないよね?という不安も抱えながら、でも平常心を保って、冷静に話を聞けたと思います。

結果は、先の記事でも書いたように、「左内膜症性嚢胞」および「右卵管留血腫」

まさかの左右で原因が違ってたー!

というのが、まず思ったことでした。笑

治療には2つ方法があって、手術をして原発(または臓器そのもの)を取り除く方法、もう一つは、女性ホルモンの分泌を抑え、内膜症を直接やっつけるお薬を飲む方法。

私は30歳を過ぎた頃から心に決めていたことがあって、ある年齢を超えたら子どもはきっぱり諦めるということでした。

子どもは大好きだし欲しかったけど、30歳を過ぎてからの初産は何かとリスクも高いし、何より私の(出産や子育てに対する)体力気力がもうその頃から無かったので、潔く諦めよう!と思ってました。

ちょうど入院したその日にその年齢になったこともあり、また、薬を飲んだところで臓器が残っているということは、今回のように突然激痛と高熱に襲われる可能性があるということに耐えられない。

ということで、手術(臓器そのものを摘出)を希望する旨を即座に伝えました。

手術を希望する場合、ヒラの先生では決定権が無いらしく、その場では「はいそうですか」とはなりませんでした。

そのさらに翌週、婦人科の一番偉い先生とたくさんお話をして、年齢もまだ若いことや、今の私の腫瘍の状態、癒着していることや、そのことで腹腔鏡手術になるためこの病院では手術ができず、系列の他病院での手術になること、また、お薬を飲むことによる(今の私の状態をふまえての)メリットデメリットも丁寧に教えてくれました。

将来的に手術をすることはあっても、今、現時点で手術をすることは得策ではないと。

頑固な私はとにかく臓器を摘出してほしいことしか頭になかったので、そこでもう一度冷静になって総合的に考えた結果、お薬で治療する方法を選びました。

副作用で不正出血やら更年期障害の症状やらが出るのは一般知識として持っていたので、不安はありましたが、今のところ、思っていたほどの副作用がなく、日常生活に全く支障がないので、ホッとしています。

ただ、新薬なので、お高い。

その情報を全く聞いていなかったので、薬局で初めて金額を見た時に驚愕とショックで倒れそうになりました。笑

病気するとお金かかるってこういうことだよなぁって、改めて思ったし、今健康な人は是非今後も病院にお世話にならない生活を続けていただきたい。

東京に来て1年、とりあえずで住んでいる部屋も住みづらく引っ越したいし、お薬や通院でお金もかかるし、これから一人で生きて行くにあたって貯えもしなくちゃならないし、頑張って働かなくちゃ…泣


スポンサーサイト
Category: 日記
私は事前に知っていたので、早めに手続きが出来たけど、制度そのものを知らないと損するよって話です。

●傷病手当●
ケガや病気のため長期で会社を休んだ際、条件を満たせば、会社で加入している保険から、お給料の約6割程度の手当がもらえます。

●高額医療費制度●
入院ともなると、高額な費用がかかります。ひと月に支払う金額が、この制度の定める金額を上回った場合、限度額認定証を申請すれば、上限額が決められ、その金額以上のものを支払う必要がなくなる、或いは上限額以上を支払った場合、還付されます。
予め決まっている入院なら、先に申請しておくとよいでしょう。緊急の入院の場合も、制度を知っておけばすぐに申請して、支払金額を減らすことができます。
もちろん収入などの条件があります。

●医療券●
世の中には様々な医療券が存在します。
私も、特定疾患の医療費助成の医療券を持っています。
もし、その医療券が適用されない病気なら仕方ないですが、少しでも関連があれば、医療券が適用になります。使わない手はないです。
医療券をお持ちの方は、使えるかどうかを必ず確認しましょう。

また、入院費の支払いについてや、診断書が必要な場合等、金額やかかる日数など、なるべく早めに確認しましょう。

確認するのが遅くなると、ご自身やご家族の不安も拭えないし、手続きもどんどん遅れてしまいます。


Category: 日記
これは、今回緊急入院したことで、無くて不便だったものや、あったら便利なものや、必須だなと思うものがいろいろあったので、参考にしていただければ。

印鑑(必須)
保険証(必須)
診察券(必須)
キャッシュカード
クレカ
羽織るもの
コップ
服用中のお薬またはお薬手帳(必須)
イヤホン
携帯ラジオ(暇つぶし)
ポケットWi-Fi(Wi-Fiないと死ぬって人は必須)
爪切り(入院が1週間以上の場合必須)
耳かきor綿棒
S字フック
ハンガー
洗濯洗剤
帽子(ボサボサ隠し、洗えない時の臭い防止)
生理用ナプキン(生理の人は必須)
ビニール袋
充電器(大大大大大大大必須!)
延長コード
BOXティッシュ
ウェットティッシュ
検査の時とかに持ち歩ける小さいバッグ
マスク(院内は菌の宝庫です。必須)
ペンとメモ帳(先生の話をメモしたり、記録したり、何かと書くので)
タオル
歯みがきセット
洗顔
シャンプー
ボディソープ
パジャマ2着以上
下着類
スリッパ
鏡(意外と無いと不便)
リップクリーム(病室は乾燥しています)
ヘアブラシ
飲み物とかゼリー系
暇つぶしになるもの
(パソコン、本、ゲームなど)
Category: 日記
■ 退院翌日■
お腹は少し痛いけど、無事に朝を迎えられたことが物凄く嬉しい。

■退院2日め■
午前中、シャワーを浴びたが、思ったより疲れなかった。
近所の神社へ行って退院の報告とおみくじ。小吉だった。その後スーパーにて食べるものを調達。これはさすがに疲れた。

■退院3日め■
昨日頑張ったので、今日はずっと横になってた。

■退院4日め■
今日も動けず、1日中横になってた。

■退院5日め■
シャワーを浴びて、近所のの郵便局とコンビニに行った。
疲れた。
ほぼ寝たきりで動いてないから、歩くことで股関節にクル。

■退院6日め■
早起きして病院(もともと入っていたベーチェットの方の通院+婦人科)へ。

バスに乗って行くだけで疲れた。

さらには書類申請系がうまくいかずあちこち行かされ、疲れた。

書類…めんどくさいし、お金かかるし、早く書類提出しなきゃと焦ることで凄くストレス。

でも早く行ってよかった。結局朝の9時過ぎに病院着いて、なんやかんやで13時過ぎまでかかった。

CRPが、通常0.3以下なのに対し、入院時には9.5まで上がってた…その数字みて、よく自分生きてたなと思った。

■退院7日め■
お洗濯。疲れた。
髪を染めたかったり、コンビニに行きたかったけど、昨日の疲れがくすぶっててダメだった。

■退院8日め■
今日もダラダラ。体がだるい。
コンビニにお水を買いに行くのがやっとだった。

■退院9日め■
傷病手当申請書依頼のため病院へ。今日は預けるだけで、すぐ終わった。病院滞在時間10分くらい…
2~3週間かかるが、1週間後くらいに出来上がり確認の連絡をして、出来ていたら取りに行けるみたい。早く出来ることを願う。
移動中ずっと生理痛みたいな感じだった。
ちょっと調子が良かったから調子に乗って買い物をして帰ったら、疲れた。

■退院10日め■
昨日出かけたことによる身体的疲れもあるが、職場復帰が(いろいろあって)先延ばしになっていることへの精神的疲労も出てきた。
そんなところに、会社から連絡があって、なんやかんやで明日から復帰できるみたい。
会社の話が二転三転して疲れたし、凄くストレスだった。
無理せずゆっくり慣らしていこう。
超疲れると思う。
Category: 日記
■入院8日め■(退院!)

6:40 検温6.3度
※入院する前の日と同じような痛みが少しアリ。
8:00 食事。
パン2つ 完食
スープ 半分
フルーツポンチ 完食
牛乳 手つけず
お茶 ひとくち
9:20 診察。
内診だったが、初日と比べ物にならないくらい痛くなかった。お腹の痛みが復活してること伝。内服で抗生剤を出してもらうこととなった。念のため痛み止めも。
この内診をもって、退院して良いこと最終決定。
10:00 入院手続きがまだだったので手続きをする。
10:50 検温6.3度
11:30 歩行に難ありだが、なんとか無事に退院。
12:30 無事帰宅!!!!!

帰ってきたらまず寝なきゃと思ったが、どうしても気になるので、荷物の片付けと洗濯をしてしまった。

24時間体制の病棟とは違い、一人きりという不安や、結局原因がわからないまま対症療法で痛みを抑えただけだから、いつ再発するかわからない恐怖はあれど、なんやかんやでやっぱり家が一番。

Category: 日記
■入院7日め■

6:50 検温6.3度
昨日はお腹痛くなかったけど、今朝は筋肉痛が疼いてる感じ。
8:20 食事。
3分粥 半分
ミネストローネ的なやつ 半分
みかん 完食
ヨーグルト 完食
野菜ジュース 半分
お茶 ひとくち
9:20 検温6.4度
※昼に5分粥になって、それを食べれるかどうかで退院できるみたいなこと言われた…え?そんなことで退院になっちゃうの?どーなってんだ…どーなるんだ…
原因わからないのが不安なことについて看護師さんに訴えて、先生に言ってみてくれるとは言ってるが、これもどーなるんだ…
10:25 回診
お腹触診。先生曰く、ご飯が完全な一般食になったら退院らしい。血液検査を行うかどうかは確認するとのこと。原因がわからないのが不安なことについても、チームで相談してみるとのこと。
11:00 シャワー
12:10 食事。
5分粥 半分
じゃがいものふかしたやつ 完食
鮭 半分
ブロッコリー&白菜ゆでたやつ 半分
りんご 完食
お茶 ひとくち
17:15 回診。
明日退院らしい。原因は今の医学ではわからない。疑いとしては嚢腫か虫垂炎か腸炎。こういう場合、基準としては「ご飯が一人で食べられる」「一人で歩ける」ことが退院の目安となるため、明日の退院とのこと。再発の不安に対してはどうしようもなく、現状、また腹痛があれば受診する他なしとのこと。
17:30 検温6.3度
18:00 会社に電話。退院報告と、自宅療養のためもう1週間お休みの許可いただく。
18:20 食事。
5分粥 半分
おでん 1/3
ほうれん草の和え物 2/3
さつまいもの煮物 2/3
フルーツミックスジュース 半分

今晩より整腸剤がプラス。

友人や義姉とラインする中で、今回の病院の対応に対してちょっと納得いかない部分もあるので、今後の経過や対応によっては他病院へのセカンドオピニオンも検討することにした。

退院の決定する時に、血液検査も画像診断も何もしないのはどうなの…

ちょっと嫌な感じのお腹の痛みが少し復活してる



Category: 日記
■入院6日め■

8:00 検温6.7度
点滴の所が腫れてるので一旦針を抜き、久しぶりに針からのひと時の解放。
ずっとお腹がグルグル言ってる。
8:30 食事。
重湯 半分
具なしお味噌汁 半分
お茶 半分
ゼリー 完食
豆乳 0
9:45 検温7.1度
※栄養剤も、抗生剤も、どっちも点滴は卒業!針からも完全解放!腕を曲げれる喜び!
12:05食事。
3分粥 2/3
シチュー 2/3
カリフラワーのあんかけ ひとくち
お茶 ひとくち
ぶどうジュース 完飲
13:00 身体ふき
16:30 回診。腸炎の可能性もあったことを今更言われる。なんやねん…のう腫なのか虫垂炎なのか腸炎なのか。はっきりさせて退院したい。ことは次回言おう。明日血液検査してその結果で退院のこととか決めるみたい。ずっと下痢なので整腸剤を出してもらうことになった。
17:25 検温6.8度
18:30食事。
3分粥 半分
具なし味噌汁 半分
鮭 完食
キャベツの煮物 1/3
ゼリー 完食
お茶 ひとくち

1日1歩って感じ。



Category: 日記
■入院5日め■

確認すること!
・抗生剤で良くなったところで再発しますよね?
・良くなってこのまま退院したとしても、一人暮らしというのもあって再発が怖い。再発する前に手術は可能か?
↑この辺は入院中ずっと不安でした

5:20 お腹がギュルギュル言って、圧迫感もあり、特に左側が痛い。チクっと刺すような感じ。
6:10 検温6.3度
※食事なし
8:05 採血。この結果によっては食事再開!
9:30 検温6.3度
11:10 回診。今晩から食事再開!
※食事なし
15:00 シャワー。めっちゃ疲れた。
17:30 検温6.4度
17:55 回診。今朝の血液検査では、良くはなっているがまだCRP(炎症反応)が高めらしい。抗生剤でまだもう少し様子みる。
18:30 食事再開!重湯半分、お吸い物完食、ゼリー2/3、ジョア自粛、お茶ひと口
20:00 検温6.4度

※CRP(基準値は~0.3)は入院時には9.5にまで上がっていて、腫瘍マーカーの数値も上がっていました。そりゃ動けないわな。


Category: 日記
■入院4日め■

看護師さんや助手さんの、患者さんに対するタメ口が気になる。

昨日よりもお腹が痛い。

テレビを見る気持ちになれなくて、はじめてのおつかいとか、新ドラマとか、バトルスタジアムとか、ことごとく見れなくて悔しい

6:40 検温6.3度
8:40 お薬
※食事なし
12:20 友人が妊婦健診の帰りに来てくれた(同じ病院に通っている)
※食事なし
13:20 検温6.4度
16:40 検温6.4度
明朝の血液検査の結果で食事再開できるかも!
17:30 先生に許可をいただいて売店まで行けた!洗剤とブラシが買えた!
※食事なし
19:25 回診。初日のCTとレントゲンの結果について何も聞いてなかったから聞いてみた。何もわからないらしい。そんなことがあるのか…あんなにはっきり痛かったのに。でも、確実に良くなってきてはいる。常に痛いってことは無くなったし、たまにグゥーっとなるけど、触診も明らかに痛くなくなった。とりあえず明日の検査で食事が再開できるか決まる。

新しい患者さんが一気に3人入院してきて、昼間少し騒がしくて疲れた。大部屋カオス!

S字フックとハンガーがあると便利だけど、工夫でなんとかなっている。

Category: 日記
■入院3日め■

6:20 検温6.6度
8:00 採血
8:45 お薬(※食事なし)
9:15 検温6.5度
9:40 回診にて、まだ虫垂炎の可能性もあることを知る。4~5日経過を見るとのこと。
12:00 やっとの思いでシャワーを浴びる
※食事なし
17:30 検温6.6度
18:35 超適当な回診。調子どうか聞かれ、昨日おとといよりは楽と伝えて終了。お腹すら触らないし音も聞かない。謎回診。
※食事なし

点滴が、腕を伸ばしてないと落ちなくて、曲げると止まっちゃうから、なかなか難しい。大人しく横になってだまっていないと点滴が落ちてくれない。しんどい。

血液検査で栄養が足りてなかったらしく、明日の朝からビタミンDのお薬が増えるとのこと。

今日の夜勤の看護師さんたち。点滴が終わったとナースコールをしても「お待ちください」と言われ放置され、忘れられてた。点滴終わっただけだからいいけど、ちゃんとしてほしい。

先生や看護師さんへの受け答えが、我ながら母そのものでちょっと笑える


Category: 日記