FC2ブログ
ドラマ評特別編。

阪神淡路大震災で、壊れた六甲道の駅を復旧した人たちのドラマ。

いいドラマでした。

特に焼き鳥屋の大将には泣かされた。

これは阪神淡路大震災のお話だけど、これに限らず、災害の度に、こうして悲しい思いをする人たちがいて、それでも前へ進もうとする(進まざるを得ない)人たちがいて、復旧のためにいろいろ犠牲にして働く人たちがいる。

六甲道の駅の復旧にあっては、当初2年かかると言われていたものを、たったの74日で成し遂げたとのこと。

24年経った今の駅がその時のそのままなのか、修繕されたのかどうかはわからないけど、その技術力の高さにはただただ感服です。頭が上がりません。

日本の技術屋は宝である。

幾度となく災害に襲われている日本だけど、災害の度に、自衛隊や、消防や、こうした技術屋や、他にも名もなきたくさんの人たちが復旧作業に当たり、その度に見事に再生してきた。

5年前、友人の結婚式で神戸に行った時、街はとても美しく、私は大好きになりました。

それは24年前の1月17日から、頑張って頑張って生きてきた人たちがいるから。

このドラマのストーリーテラーである春日のおっさんのように、悲しみだけではなく、後ろめたさを抱えて今も生きている人がいるかもしれない。

ありきたりだが、身体の傷は癒えても、心の傷は何十年経とうが癒えないものもある。

今年の年末、ルミナリエを見に再び神戸に行こうと思っているので、叶ったら、復興の陰に様々な思いがあったことにも思いを馳せたいと思います。



スポンサーサイト
Category: エンタメ
デリヘルが舞台のドラマだけど、テレ東だし、ゆる~く見れる。

松尾スズキがハマり役すぎて気持ち悪い。(褒めてる)

濱田岳くんは本当に器用な役者さんになったなーと、金八先生ファンの私は感慨深い。

完全なる偏見だけど、デリヘルで働く時点でワケありなのだろうから、それぞれどういう事情でそこで働いているのか、興味がある。

たぶん、テレ東にしかできないドラマ。



Category: エンタメ
竹内結子が好きなのと、やっぱりリーガルものが好きで、期待しちゃったのがダメだったかな。

面白くなくはないんだけど、なんか、中途半端。

危機管理専門の弁護士って言うけど、これ弁護士である必要ある?という大きな疑問点がまず一つ。

それから、初回は舞台がテレビ局のことが多くてアイドルのお話だったのもあって、なんか安っぽかったのが一つ。

竹内結子は相変わらず好きだけど、眉毛が変で気になってしまったのが一つ。笑

テイストとしては、「ラッキーセブン」や「美女か野獣」みたいなライトな感じ。

さくさく進んで行くし、キャラ設定もいい。

が、な~んか中途半端でモヤモヤする。

このモヤモヤが何なのか、とりあえず見続けて探りたいと思います。


Category: エンタメ
大河ドラマです。

先述したように、新年早々入院していたので、初回はほぼ見れていません。

実質、2回目から見ています。

楽しみにしてたのに…

クドカン脚本で、初めてオリンピアンとなったマラソン選手と、64年の東京オリンピックを招致した人のお話。

大河ドラマって、歴史を知らないとなかなか難しいから見る気になれなくて、「新撰組!」と「八重の桜」しか完走したことがないんです。

裏にイッテQあるし…笑

でもこれは、近代のお話だし、クドカンなので絶対に見やすくなっているはずだ!と思って、期待していました。

逆に言えば、歴史ものを楽しみに大河ドラマを見ている高齢者の方々は、ついてこれないだろうなぁ。あまちゃんの時みたいに。

テンポも早いし、時間軸がわかりにくいし、いろいろとっ散らかってるし。朝ドラっぽいし。

私は今のところ、熊本弁だから字幕こそ出して見ているものの、テンポもよく、わかりやすく、役者さんもうまいし面白い。とっ散らかってるけど。

勘九郎さんはますます勘三郎さんに似てきて、DNAって凄いなって思います。

若き志ん生師匠役の森山未來くんの語りが上手で、最初、森山未來くんだってわからなくて、「これは誰の声だ?うまいなぁ」と思って調べたくらいです。

ただ、志ん生師匠と物語の関連性が今のところ謎。

あとは綾瀬はるかの圧倒的ヒロイン感。存在感ハンパない。

2話を見た感想としては、出産時の「ひっひっふー」からヒントを得て、「スッスッはっはっ」(走る時の呼吸法)を発見したことが物凄い才能だなと。

これから1年間、完走できるかどうかは別として、とりあえず金栗四三には興味あるので、楽しみです。


Category: エンタメ
帰ってきたサンチー。

パワーアップしてます。

前作より、コメディ色が強くなってる。

工藤くん可愛い。

千葉くんも可愛い。

松田くんかっこいい。

みんなコメディ上手な人たちばかりだから、安心して見ていられる。

フリーの不動産屋なんて現実にいるのか?

だとしたら、担当物件はどうやって見つけるのか?

など、「フリーの不動産屋」に対する疑問は尽きませんが、これから松田くんがどう絡んでくるのか、楽しみなところ。

相変わらず北川景子が美しくて眼福。

しらすみか、がんばれ!笑


Category: エンタメ
これはおもしろい。

まず、キャストが見事に私のツボ。しかも、どツボ。

常盤貴子、唐沢寿明、小泉孝太郎、賀来千香子、吉田鋼太郎、滝藤賢一、水原希子、博多華丸など。

まず、好きなタイプは芸能人で言うと誰?と聞かれた時に迷いなく小泉孝太郎と答え続けて早10年ほどの私には、もう小泉孝太郎ってだけで見る価値がある。笑

今回の、キレ者だけど爽やかで、どこかチャラさもあって、少しダラけた姿も見せる孝太郎くん、サイコーです。

次に、吉田鋼太郎と唐沢寿明の共演は、「ギルティ」ファンとしては胸熱もの。

更には、初回ゲストの武田鉄矢と泉澤祐希の対立は、「白夜行」ファンとしてはかなり胸熱でした。これに関しては、白夜行が好きすぎて、なんならちょっと泣いた。笑

さて、ここまで超個人的な胸熱話でしたが、ドラマとして、純粋におもしろいです。

テンポも良く、わかりやすく、とても見やすい。

夫が収賄&不倫疑惑で東京地検特捜部部長の座から失脚。

結婚して法廷からも社会からも離れていたが、16年ぶりに弁護士として社会復帰することとなる。

司法修習生時代はかなりキレていたらしく、首席で卒業したという経歴から、毎週の裁判はもちろん、夫の事件とどう関わっていくのか、楽しみです。

息子にも何やら影がありそうで、杏子や夫の過去や今後にどう関わっていくのか興味があります。

夫の事件の真相、事務所での立ち位置、社会から見た自分の立場、子どもたちとの関わり……

ラストでどう落とすのか、楽しみです。


Category: エンタメ
真の最終回です。

号泣しました。笑

圧で涙が出ちゃうことってあるじゃないですか。

感動してとか、悲しくてとか、悔しくてとか、そういうんじゃなくて、なんかわかんないけど圧で泣いちゃう。

それでした。

本編の時もそうだったけど、このスペシャルでも「すぎさまぁーーー♡」って目がラブになるくらい、藤間社長がかっこよかった。

財前さんは言うまでもなく。

そして、さっきは圧で泣いたと書いたけど、伊丹くんの涙にもらい泣きもしました。

彼は完全に本来のビジネスの目的を見失っていたけど、ピンチを2度も佃社長に救ってもらって、これからきっとギアゴーストはとんでもなく素晴らしい技術力や人間力をつけて、ぐんぐん成長し、国内トップの会社になると思います。

ビジネスの世界はそう甘いもんじゃない。

でも、このドラマのように、争いだけではなく、大きな目で見た時に、ライバル同士で協力し合うことも、顧客のためとなり、結果的に大きな利益(お金の利益だけじゃなくて、心の利益も含めて)を生むことだってある。

暑苦しいし、現実離れはしているけど、リアリティばかり求めるんじゃなくて、こういうドラマもあってもいいじゃない。

新春スペシャルにふさわしい、とっても見応えのある、真の最終回でした。

これぞ大団円。

技術のことはさっぱりで、用語とか半分くらいはちんぷんかんぷんだったし、私はここまで仕事に情熱は持てないし、持つ気もないので、単純に「凄いなぁ」「尊敬するなぁ」という目線で見ていました。

それを書いた池井戸潤もやっぱり凄い。

なにはともあれ、ちゃんと完結して良かったです。



Category: エンタメ
というわけで、新年早々入院をしていて、ほとんどのドラマの初回をリアルタイムで見れず、なんとか配信で追いつこうと、頑張って見ています。

あ、既に退院しておりますのでご心配なく。

ちょいちょい初回評を書きつつ、入院の記録も書きたいと思っておりますが、まずはこのドラマの感想から。

卒業間近の高校3年生の教室で、担任が、クラス全員を人質に立て籠もる。

その担任が、菅田将暉。

面白くないわけがないじゃないですか。

ちょっと演技がくさいけど、さすがの菅田将暉。裏切らない。

立て篭もりの理由は「何故クラスメイトの一人が自殺しなければならなかったのか」

その答えを生徒たちに考えさせるため。

というのが名目。

実際の本当の狙いが何なのか、そこにどんな真実が隠されているのか。

士村芳がどう関わってくるのか。

生徒役の中には演技が下手で見ていられない子もいるけど、それは学園もののお約束なので仕方ないとして、目を瞑ります。

ちょっと見ててしんどいテーマなので、なるべく、晴れた休日の朝とかに見ようと思います。


Category: エンタメ
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2019年。

平成ラストイヤーの幕開けです。

今年の年越しは、久しぶりに一人でまったりダラダラ過ごしました。

年越しの瞬間は、ド世代であるタッキー&翼のラストステージを見たくてジャニーズカウントダウンを見ていたら、2019年まであと3分くらいの時にセクシーゾーンのマリウスくんがステージ後ろの奈落に落ちてしまって、心配で動悸しながら新年を迎えました。

たぶん、ジャニーズカウントダウンを見ていた人はみんなそうだったと思う。

おめでとうどころではなかった。

マリウスくんが落ちてから次に姿を見せるまでの間の記憶がほぼないくらい心配だった。

誰かの心配をしながら年を越したのは、生まれて初めてでした。

マリウスくんは「コドモ警察」の本庁さんで私の中ではおなじみだし、あんな事故をテレビの生放送で目撃したのは初めてだったから、本当に動悸が止まらなかった。

でも、15分後くらいにステージに戻ってきて、テーピングこそしていたものの、笑顔で踊っていたので、安心しました。

歌い終わって、マリウスくんの背中にそっと手を添える菊池くんの姿と安堵の表情が印象的で、しばらく忘れられないかも。菊池くん、あんまりいい印象無かったけどあの一瞬の笑顔にオバちゃん瞬殺でした。笑

でも本当に無事で良かった。

さて。

2018年、私の抱負は「楽しい方へ」でした。

体力的に楽しい方にに行けなかったこともあるけど、まず、ストレスだらけの北海道から東京へ引っ越したことはかなり大きな出来事だったと思う。

実際、北海道にいた時に比べると、びっくりするくらいストレスフリー。

周りの目とかも気にしないで自由に生きられる街、それが東京なので、そういう意味では楽しい。

あとは、私のガッチガチの考え方を解き、苦しい時に助けてくれた大切な友人が東京にいて、その子の側にいたくて引っ越した部分もあるので、何かあった時に側にいれる強みと、側にいることでもちろん楽しい。

今年も引き続き「楽しい方へ」進もうと思います。

兄の結婚式。
引越。
神戸ルミナリエ。

3大イベントに加え、元日に発表のあったsuperflyのアリーナツアーが加わり、2019年は4大イベントがあって、まさに楽しいに違いない!

と、ワックワクの年始を過ごしていたのですが、なんと、年明け早々に緊急入院しました。トホホ。

激しい腹痛と、40度近い熱で動けなくなり、自分で救急車を呼び、普段通院している病院へ。

3つの科に回され、最終的には卵巣嚢腫の疑いで入院。

卵巣嚢腫は、10年くらい前に一度捻転を起こしていて、でも手術で取るには小さいから経過観察ねと言われ、そのまま放置していました。

その時は片方だけの炎症だったのが、今回は捻転は無いものの、左右両方の卵巣で炎症が起きてしまったらしい。

なるほど激痛だったわけだ。

私、痛みに対して鈍感なのかわからないんですが、かなり我慢できちゃう体質みたいで(嫌な体質)、その昔、膀胱炎に気付かず、腎盂炎に発展させてしまった人なので、今回、破裂とかする前に気付けたことが不幸中の幸いでした。

前の日も、ちょっと痛いなとは思ってたけど仕事してたもんな(。-_-。)

帰ってからも普通にテレビ見て笑ってたもんな(。-_-。)

そんなこんなで、なんと誕生日に入院となったわけです。笑

今年は、誕生日に厄祓いに行こうと思って予約していたので、泣く泣くキャンセルしました。また日を改めて。

入院に関しては、母を見ていたのでなんとなく必要なものとか心構えとかはわかっていました。

ただ、今回何が大変だったかって、私、東京へ出てきて一人暮らしなんですよね。

家の鍵とかも救急隊の人にしめてもらったぐらいにして。

で、前もってわかってた入院ならまだしも、急な入院だったので、保険証とか財布とかスマホとか以外の必要なものを一切持ち出せなかった。

そして、入院にあたり、緊急連絡先に近くに住んでる人も書いて欲しいとか言われた。

先述した、家族のような友人ファミリーはいるものの、子ども2人抱えて、しかも友人は今3人目を妊娠中。

でも近くに住んでるのはそのファミリーしかいないので、書きました。そして連絡しました。書いたよごめんねって。

そしたら何て言ったと思います?

「そんなの当たり前じゃん!」
「あなたのこと大事だから、やってあげたいんだよ」
「私たちファミリーは、あなたの為に何かするのは苦じゃないんだから、甘えなさい」

号泣不可避。

なんて慈悲深い友人一家を持ったんだ…

実際、友人は私の家に行っていろいろやってくれ、友人夫はそれを届けてくれ、子どもたちも手紙をくれたり荷物を整理するのを手伝ってくれたりして、家族総出で支えてくれました。

一生頭が上がらない。

と同時に、実家に居たら、こんなにしてくれる人もいなかったし、理解者も居ないし、卵巣嚢腫?なにそれおいしいの?くらいの無知でバカな男どもしかいないので、逆に良かったとも思っています。

義姉が看護師なので、ラインでいろいろ話を聞いてもらってアドバイスをもらったりして、それもかなり心強かった。

義姉も、自分も昔婦人科系で苦しんだことがあるのもあって、そばに来て支えたいって言ってくれて、その言葉だけで私は十分支えられてるなぁって思って、これを書いてるだけでまた涙が出てきました。

そんな義姉をお嫁さんに選んでくれた兄にも感謝。でかした。

とにもかくにも、私の2019年の幕開けは、マリウスの心配と自分の入院だったわけです。

長くなっちゃったからまた次回!


Category: 日記
何年かぶりの怒涛の更新。

ノロかカンピロバクターのため、3連休は安静にしてなさいと言われ、暇なので。

いま、職場で仲良くしてくれてる7歳年下の子がいます。

もはや、仲良く「してくれてる」笑

口は悪いし、見た目もちょっと怖いけど、根は凄く乙女で、仕事もできて、こんなオバサンとも仲良くしてくれる、いい子です。

ただ、その子と話していると、3割くらいわからない言葉が出てくる…

まず、最近の若者の間で流行っているらしい「スマブラ」

彼女との会話でよく出てくるけど、最初はちんぷんかんぷんでした。

スマッシュブラザーズというゲームらしい。

子どもの時からゲームに興味のなかった私にとって、スマブラが好きすぎてスイッチが欲しいとかいう話は、なんのこっちゃ(笑)

あとは若者言葉ですね。

わろみ
あげみ
うれしみ
やばみ
など、なんでも語尾に「み」をつけるらしいです。

あげみ…に関しては、3段階あるみたいで、「あげ」「あげみ」「あげみざわ」とパワーアップしていくらしい。

ちょいちょいこういう言葉を使ってくるから、その度に「ん?ん?」ってわざとらしく聞き返します。笑

そして仕返しに北海道弁を使ってやります。

最近の彼女のお気に入りは「わや」

もうめちゃくちゃだな。って時に使います。

あと「若いなー」って思うのは、やっぱり他人に対する価値観とか、考え方とかは、まだ浅いなー、可愛いな、って思う。

私もまだまだ若輩者なので、こんなこと言うのは偉そうだけど、やっぱり20代ってまだどこか考え方が幼い。自分の20代を思い出してみても、幼かった。今も幼いけど。

でもせっかく仲良くなったので、今時の若者との会話を楽しんでます。

私たちの仕事はとにかく同じことの繰り返しなので、飽きてきたり疲れてきたり眠くなってきたら、付箋に若者言葉や北海道弁を書いて、どういう意味なのか、クイズを出し合ったりしてサボってます。笑

休憩中に休憩室でその子と喋ってたら、お隣の会議室からうるさいとクレームが来ました。年甲斐もなく。

休憩室の隣に会議室(しかも壁が無くてパーテーションのみ)っていう環境はどうかと思うけど、確かにうるさかった自覚はあるので、それ以降、なるべく小声で喋るようにしています。

このブログでは散々言ってるけど、口に出して自分のことをオバサンって言わないようにしているし、「若者」というワードも使わないようにしてるけど、やっぱりジェネレーションギャップは感じる今日この頃。

そのジェネレーションギャップを楽しんでいる、今日この頃の報告でした。笑

ではまた!


Category: 日記