FC2ブログ
ラグビーW杯。

日本代表が快進撃を続け、ベスト8で、グループ1位で、負けなしで、決勝T進出を決めました。

4年前の南ア戦でも興味が全然持てず、ドラマのノーサイドゲームを見てラグビーに興味を持った超にわかだし、スコッコランド戦しか見れてないけど、1試合見ただけで、この快進撃は奇跡ではないことがわかりました。

全員野球という言葉があるけど、これは全員ラグビー。

選手同士の信頼関係、コーチやスタッフ、ファンとの一体感。これは他のどの国にも負けてないんじゃないかな。

死に物狂いで練習してきて、実力で這い上がってきたんだと思うと、試合中、涙が止まらなくなりました。

試合後、選手たちがこぞって「全てを犠牲にしてきた」と言っているのが何よりの証拠。

私、前から言ってますが、こういう時に周りへの感謝しか言わない人は好きじゃないんです。

もちろんそれは必要なことだけど、そうじゃない。

本人が努力したから結果がついてきてるんだから、堂々と「努力してきた」「犠牲にしてきた」って言ってほしい。

だから、今回のラグビー日本代表選手の方々の言葉は素直に心に響いてくる。

本当にいろんなものを犠牲にしてきて、死に物狂いで、色んな思いを持って今大会に臨んでるんだなって。

台風があったりして、使命感みたいなものが加わって、スコッコランド戦は鬼気迫るものがありました。

釜石の復興スタジアムで開催予定だった試合が中止となったカナダとナミビアの選手たちが、中止となった悔しさもあるだろうに、泥の撤去作業をしてくれたニュースも見ました。

本当に素晴らしい。ありがとう。

ノーサイドって本当に素敵な言葉で、究極のスポーツマンシップだなって、今回の一連のラグビー関連ニュースやエピソードを見ていて心から思います。

正直、これまでは、よく知りもしないで「ラグビーは野蛮で危ないスポーツ」としか思っていませんでした。

試合を見たらやっぱり野蛮で危ないけど、それ以上に、体と体で激しくぶつかり合う分、紳士的なスポーツで、ノーサイドになればとても爽やかなスポーツという印象に変わりました。

歴史的なチームと同じ時代を生きていることは誇りです。

これが一時的なブームに終わらず、これからもっと、野球とかサッカーみたいに、ラグビーが日常のスポーツになるといいなぁ。


スポンサーサイト



Category: エンタメ
イライラしすぎてハゲそうです。

仕事でいろいろあって、マジでハゲそうです。

残業は死んでもしないと決めているし、なんとか今のところ定時で帰れてるけど、一緒に働いてる人がダメ子ちゃんすぎて、ハゲそう。

繁忙期なので忙しいのは仕方ないから、忙しさには耐えられるけど、ダメ子ちゃんに耐えられなくて、ハゲそう。

そんな日々が1ヶ月ほど続いております。

今月はsuperflyのライブがあって札幌に帰るし、12月にはルミナリエを見に神戸に行くしで、考えなきゃいけないこと沢山なんです。

ハゲる前になんとかしなきゃと思って、年内で今の仕事は辞めるので、転職活動もそろそろ始めなきゃいけないし。

毎日イライラで疲れすぎて、何も出来ていません。

しなきゃいけないことも沢山あるけど、何ひとつ出来てない。

あれしなきゃ、これしなきゃって、浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返すので、メモできる時はどんな細かいことでもメモするようになりました。

そんなこんなで、ストレスと疲労が重なり、足が腫れております。

ベーチェット病になった時に、足が紫色に腫れ上がって、冗談抜きで像の足みたいになったんですが、それに似た症状が出ていて、痛くて歩くのも辛い時があります。

でも数値には出ていなくて、謎です。

でも痛いものは痛いし、腫れも引かないので、お薬を増やしてもらっていて、なんとかごまかして生活してます。

ライブでしっかり立って騒げるように、今はとにかく悪化しないようにおとなしく生きてます。笑

2019年が終わる時には、いろんなものから解放されて、心も身体も軽くなっていますように!

ではまた!


Category: 日記
★★★★☆

森若さんが一貫して「イーブン」で、でも恋愛となるとチャーミングな一面もあって、それを私の大好きな多部ちゃんが安定した演技で魅せていて、楽しかったし、森若さんの働き方に対する姿勢は見習わなければならない点が沢山あった。

太陽くんは好きだけど、重岡大毅くんの演技はちょっと苦手だったなぁ。

経理部のメンバーが、部長含めみんなそれぞれ尊敬し合っていて、理想の職場。

途中加入のタイガーも癖はあるが優秀で、正義感も強く、好きだなぁ。

このドラマに出てくる人たちはみんな仕事が好きそうで、羨ましくもあった。

ラストの買収話云々に関しては、スカッとはしたが、少しやりすぎかなぁと思ってしまった。

ただ、森若さんと太陽くんのラストはこれでいい。これでこそ森若さん。

重岡くんの演技は苦手だったけど、とにかく太陽くんがまっすぐに森若さんにぶつかってくるので、どのドラマよりも一番キュンキュンした。

私も働く時は「イーブン」でいて波風立てず、一定の気持ちでいたいと常々思ってるけど、現実はなかなかそうはいかないので、本当に森若さんは憧れです。


Category: エンタメ
★★★★☆

思ったより楽しかった。

何もかもが昭和っぽかったけど、それがちょうどよくて、面白かった。

もともと設定が突飛なので、細かいことも気にならないし、音楽も素敵だったし、円城寺さんの突然のミュージカルも、途中から楽しみになってた。

深キョンは、若い頃は良かったが、そろそろ演技がキツくなってきた。アクションも残念だった。

瀬戸康史はとても役に合っていて、今まで気にしたことなかったけどカッコよかった。

栗原類くんも久々に見たけど凄く合っていたし、渡部篤郎はますます渋くなってるし、円城寺役の大貫勇輔は今回初めて知ったけど、ダンサーとしての才能あふれる役柄で、今回一番好きな役だったかも。

共存できるわけのない、警察一家と泥棒一家。

ラストはそれでいいのか?と思わなくもないが、まぁ、突飛すぎるドラマだからいっか、と妙な結論に至った。

大貫勇輔をもっとテレビで見たいなぁ。




Category: エンタメ
★★★★★

今季ナンバーワンの、久々にパーフェクトな作品でした。

とても丁寧に制作され、とても優しい世界で、とても自然体なドラマだった。

上野樹里をはじめ、演者が凄く自然で、みんな心をこめて演じているのが伝わってきたし、脚本も変に泣かせようとかもなく、主題歌も有名な歌手とかじゃなく、素朴な青年の歌という感じで、何もかもが素直にスーッと入ってきた。

東日本大震災を絡めていたので、最後は泣かせに来るかと思ったけど、それもなく、ただ、朝顔がトラウマを乗り越えるという演出だったので、自然に泣けた。

しかもその際、平さんや桑原くん、つぐみちゃんが何か「無理するな」や「大丈夫?」といった声をかけるでもなく、ただ黙って見守って待つ、という演出が素晴らしかった。

つぐみちゃん役の子が、いい意味で子役っぽくなくて、寝てる演出の時は多分あれは本当に寝てるし、じいじの膝にチョコンと座る時も多分演出じゃなくて自然に座ってる。

また、それぞれの家族、職場の関係性も素敵で、押し付けるようなセリフや演出がなく、本当に優しいなぁと思って見てました。

茶子先生が、朝顔と付かず離れずで、でもしっかり見守っていて、言葉も誰に対しても丁寧で、判断力や決断力も素晴らしく、凄く理想の上司。

法医についてもとても細かく描かれていたと思うし、個人的にとても興味のある分野なので、勉強になりました。

登場人物も、本当にみんな素敵で大好き。

続編希望!


Category: エンタメ
★★★★☆

まぁ、そういう結末だよね。

って、簡単に想像できる展開ではあった。

アパートの人たちとのほっこりする交流や、社会や家族との関わり、恋愛など、飽きさせないテーマと脚本と、安定したキャスティングでバランスがとれており、安心して見れた。

巷では慎二派とゴン派に分かれてたみたいだけど、私はどっちも嫌です。笑

凪が大好きで、凪依存症で、ストーカー気質な慎二。今さら素直になられたって、モラハラ、高圧的な態度は変えられない。人は簡単には変われない。

ゴンさんはめちゃくちゃ魅力的で惹かれるし、ゴンさんなら闇落ちしてもいいって思っちゃうけど、本当に闇落ちするから嫌。

慎二もゴンさんも魅力的だし、登場人物みんな素敵でした。

武田真治の筋肉ムキムキの髭マッチョなママが最高すぎて、現実にああいう人がそばにいたら救われるだろうなぁ。

コインランドリーを開業しつつ、恋愛したり毒家族と戦ったり、お客さんと交流したりする続編をやってほしい。


Category: エンタメ
★★★☆☆

反町隆史は、演技は上手ではないけど、歳をとるにつれ、「いい役者」になっていて、見た目もどんどん渋くなってますますカッコいい。

お人好しな再建弁護士は物静かで、でも胸の内には熱いものを秘めていて、そういう抑えた演技がグッときた。

どんな悪人でも、依頼人の利益を最大限に守ると言った敵の弁護士も正しい。

正義って本当に難しいけど、それぞれの正義があっていい。

裁判は勝ち負けの世界だけど、勝負に勝って試合に負けるという言葉があるように、負けが悪というわけでもない。

難しいことはわからないけど、企業再生って人の人生かかってるし、何が正解なのかはケースバイケースなんだろうなぁ。

いろいろと勉強になるドラマでもあり、優しい世界が広がっていて穏やかな気持ちにもなれる、ステキなドラマでした。


Category: エンタメ
★★★★☆

スポーツマンシップって素晴らしい。

綺麗事も好きじゃないし、スポ根も精神論も嫌いだし、熱血系も苦手。

でも、このドラマのいいところは、ラグビーが本物だったところ。

他のドラマなら役者にラグビーをやらせるから、付け焼き刃の肉体や動きになるが、このドラマはラガーマンに演技をさせている(または役者の中でも経験者にラグビーをさせている)から、身体つきも本物だし、ラグビーシーンにリアリティがあったし、演者たちの熱意も伝わってきた。

スローモーションや倍速、カット割りでカッコよく見せている部分はもちろんあるが、他のドラマの比にならないくらい、ちゃんとゲームをしていた。

大泉洋は、バラエティでのおもしろさが際立ってしまうが、実は良い役者であり、やっぱり北海道の星である。

浜畑役の廣瀬さんが、演技は下手だけど物凄い存在感を放っていて、元日本代表で演技経験ゼロの彼をキャスティングした人は天才かもしれない。

そして廣瀬さんの実体験を浜畑に投影させたこともまた、より浜畑という人物を魅力的にしていた。

男くさいドラマの中で、市川右近くんがとにもかくにも可愛かったし、良い表情をしていて、子役ながら雰囲気のある役者さんだなぁと感心した。

こぶ平ジュニアのたま平演じる佐々との師弟関係も良かった。

ラグビーには全然興味なかったけど、W杯を見てみようかなって、ちょっと思っている。

君嶋と滝川の関係が、一番ノーサイドだった。競技場で話してるシーンでは、静かな会話の中でも、お互いに敬意を持っていて、スポーツマンシップに溢れていて、感動的ですらあった。

また、毎週毎週、これでもかというくらいにベストなタイミングで流れる米津玄師の主題歌も素晴らしかった。

今までこの人の何がそんなにいいのかわからなかったが、この曲はドラマにマッチしていて良い。

もう今年のラグビーW杯のテーマソングこれでいいと思う。笑

プロ野球ファンとしては、パリーグがとてもノーサイドで、お互いを称え合う風習があって、それが凄く清々しくて好きなんだけど、ラグビーは身体と身体でぶつかり合った末に称え合うというのがグッとくる。

劇中のアストロズの盛り上がりみたいに、W杯が盛り上がるといいな。



Category: エンタメ
★★★★☆

面白かったし、泣けた。

間宮祥太朗、渡辺大知をはじめ、脇の役者さんもみんな芸達者な人たちばっかりなので、漫才も違和感なく見れた。

途中、べしゃり暮らしの2人そっちのけでデジタル金魚の物語になってたから、雲行きが心配だったけど、なんとか持ち直して落ちるところに落ちたな、という感じ。

でもやっぱりデジタル金魚の回が秀逸だったので、消化不良感は否めない。(全8話のうち2回分をデジ金に使ったのは、どう考えてももったいない)

果たして藤川さんのあの展開は必要だったのかは未だ疑問が残るが、原作にもあるみたいだし、あの雪のシーンがやたら美しく儚く、ともすれば古いアメリカ映画みたいでオシャレだったので、ものすごく惹かれるものはあった。

駿河太郎や矢本悠馬のお芝居もうまいし、泣かされるシーンがいくつもあって、いいキャスティングだった。

ラストの、過去の漫才と今の漫才が繋がっていくところは感心したが、ナイツの野球ネタが似たような手法で素晴らしくて大好きなので、それを超えられず、既視感も否めず、「おお!」とはならなかった。

話数が足りなかったのと、まえだまえだお兄ちゃんの漫才が見れなかったのと、デジ金の物語にした方が良かったんじゃない?と思ってしまったので、星4つです。


Category: エンタメ
★★★☆☆

うっすいドラマだったなぁ。

なんだろう。

脚本、演出が80年代のメロドラマみたいで、時代にマッチしてない感が凄かった。

嫌いではないけど、再放送があったら見るかって言ったら多分見ない。

風太くんの底抜けにいい子なのは癒されたし、氷魚くんのキレイな瞳にも見惚れたけど、基本的に共感できる人もいないし、引き込まれるような演技派もいない。

それぞれの俳優さんは好きなんだけどなぁ。残念だったなぁ。

キャラクターに魅力を感じなかったので、ゴリゴリの恋愛ドラマなのにキュンとしなかった。

ただ、濱姉妹が幸せを見つけたのは良かった。


Category: エンタメ